タグ:戸建て ( 23 ) タグの人気記事

旧田中家住宅

c0206093_20215007.jpg
お施主さまのお父様から、奈良の古民家が移築復元されているとのお話を伺い、見学に行ってきました。古民家にも色々ありますが、これは法蓮造りという型式で、現存する最古のものということです。面白いのは、大和棟を持った奈良の農家スタイルと、格子を備えた町屋スタイルの折衷になっているところです。奈良市法蓮町(かつての法蓮村)は農村と市街地のちょうど境目だったので、建物もその両方の性格を備えています。正面は小径の丸太でつくった素朴な縦格子。その名も法蓮格子というそうです。


c0206093_20214941.jpg
基本的には農家なので、牛をつなぐ為の金具が付いています。中の土間の一角には牛小屋もあります。農家ならハナレをつくるところが、スペースがないので室内につくったのでしょう。牛と一つ屋根の下で暮らす生活に想像が膨らみます。



c0206093_20215057.jpg
ため息の出るような空間でした。



c0206093_20215144.jpg
他に見学者もいないので貸切です。唐招提寺から徒歩5分強。外国人旅行者にも見せてあげたいなあ。


by yyaainfo | 2017-04-22 00:10 | '16-奈良市H邸
c0206093_11461976.jpg
梅田スカイビル。現在進行中のプロジェクトの木材検討に、無垢フローリング.COMさんのショールームに行って来ました。インターネット販売系では、ショールームを持っているメーカーさんは稀です。実際の貼見本を見ると、小さなサンプルでは分からない全体の印象も比較することが出来て大変参考になりました。


c0206093_11463428.jpg
国産自然塗料、U-oilの超カラフルな塗り見本。これだけ種類があると微妙な色味の調整もできますね。青や紫はなかなか実際使う機会がありませんが・・・。




by yyaainfo | 2017-04-20 11:57 | '16-奈良市K邸

塗装中

c0206093_10331209.jpg
堺市の住宅。内部の塗装工事が進んでいます。難しい天井の端部や間接照明の施工も無事にクリアでき、ようやく全貌が掴めてきました。トップライトは、以前は海外製が主流でしたが、最近は国内メーカー製も充実してきたので随分使いやすくなりました。


c0206093_10332922.jpg
お施主様と玄関扉の色を検討中。悩んだ時はボクに選んでもらいます。







by yyaainfo | 2017-04-09 11:28 | '15-堺市N邸

長屋の調査

c0206093_18534594.jpg
京都の長屋リノベ。プラン作成にあたって実測調査を行いました。しばらく空き家だったので、なかなか年季の入った水廻りです。吹抜があるので、元々は竈があったのでしょう。


c0206093_18582959.jpg
玄関前にある小さな3帖の「ミセノマ」。若い作家さんやデザイナーのアトリエとしては最適です。


c0206093_18532752.jpg

町屋調査のお楽しみ。畳の下には歴史が眠っています。昭和48年、(比較的)新しい新聞でした。もちろん京都新聞。







by yyaainfo | 2017-04-08 19:05 | Other works

長屋のリノベ

c0206093_07050136.jpg
京都市内から長屋リノベのご相談を頂き、さっそく下見に行ってきました。往来の多い道路から一本入っただけで、とても雰囲気のある長屋街が広がっていて驚きです。



c0206093_07051025.jpg
坪庭。今は荒れていますが、これがあるとないでは大違い。少し手を入れてやれば復活できそうです。




by yyaainfo | 2017-03-15 07:10 | Other works

棟上げ

c0206093_22375536.jpg
堺の住宅。いよいよ建て方作業です。狭いスペースにクレーンを停めて、手際よくプレカット材を組み合わせていきます。



c0206093_22380529.jpg
今回はスキップフロアも去ることながら、方形屋根の組み立てが非常に難しく、構造設計・工務店・材木屋さんと事前に協議を重ねてきました。斜め45度向きの材4本を約35度の傾きで組みます。

c0206093_22381720.jpg
計画どおりドンピシャ。素晴らしい施工でした。

c0206093_22382583.jpg
すっかり暗くなりましたが作業員全員とお施主様で上棟式。白熱した建て方作業の後の乾杯は格別です。自分を含め、車で現場に来ている人が多いためノンアルコールになってしまうのが残念!






by yyaainfo | 2017-01-09 22:53 | '15-堺市N邸

基礎工事

c0206093_20040815.jpg
堺市の住宅。地盤の掘削では幸か不幸か出土品はありませんでした。既に一度整地された土地なので、その時に除去されてしまったのではないかとの事です。引き続き現場では基礎配筋工事を行っています。純粋な正方形の建物なので非常にシンプルな基礎形状です。


c0206093_20053727.jpg
先日地鎮祭でお払いして頂いた鎮めものを配筋の下に配置します。これも儀式の一部です。滞りなく地鎮祭が終わって、これできっと無事に良い建築が出来上がることでしょう。


余談ですが、やまもとは昔地鎮祭の帰りにお酒を割ってしまったことがあり、その現場はその後何故か非常にトラブルが多く大苦戦しました。おそろしや。。。



by yyaainfo | 2017-01-07 20:32 | '15-堺市N邸

お屋敷調査

c0206093_23265289.jpg
奈良市中心部、開発された区画の隙間に残る築年数不明の古民家。お施主さまと一緒に調査に行ってきました。吹抜の土間部分だけでも8帖x2。竈のあとや、現役で使える井戸も残っています。

c0206093_23270085.jpg
ファラオが眠ってそうな長持。。。


c0206093_23270990.jpg
まだまだ長く住めそうな立派なお屋敷ですが、規模が大きいだけにメンテナンスや設備の更新には莫大な費用がかかります。今時の現実路線としてはゲストハウスへの転用なのでしょうが、それにしてもかなりのビッグプロジェクトになりそうです。価値ある古家を解体してマンションに建てかえたり駐車場にするような計画は一見、愚かなことを・・と思いますが、現実的にはなかなかそれ以外の道がないのかもしれません。




by yyaainfo | 2016-09-12 00:06 | Other works

屋根裏

c0206093_13555638.jpg
まだまだ続く町家調査。この家はしばらく空き家だったので、ものすごい埃です。とうとう自ら現場スーツに完全武装・・・。天井板をノコギリでカットして屋根裏を調べます。天井裏に電気配線が通っていることが多いので、作業はなるべく慎重に。


c0206093_13554725.jpg
雪のように降り積もった埃の先に竹小舞と大きな丸太梁が見えます。クネクネと曲がる木材を適材適所に組み合わせた屋根架構は何度見ても感心しますね。今回も泥と埃にまみれたおかげで貴重なデータが得られました。





by yyaainfo | 2016-09-05 14:28 | '15-奈良市U邸

床下・天井裏

c0206093_15120543.jpg
奈良市の戸建リノベーション。詳細設計にあたって、工務店さんと建物の細部調査を行いました。築年数は40年ほどですが構造体には痛みもなく、丁寧な施工がされていて安心。

c0206093_15133729.jpg
屋根裏の様子。今回は天井板をはがして天井高の高いLDKをつくる予定なので、屋根裏の確認は大切です。・・・にしても最近、床下と屋根裏の写真ばかり撮っているような気がしますね・・・。




by yyaainfo | 2016-08-26 15:24 | '16-奈良市K邸