六甲ミーツアート2015

c0206093_15414442.jpg
今年のシルバーウィークは日帰りで近場に出かける方が多いそうです。ということで六甲山上で行われているアートイベントに行ってきました。


c0206093_15411896.jpg

c0206093_15413138.jpg

c0206093_15413867.jpg
c0206093_15415783.jpg
・・・これはインスタレーションではなく、六甲オルゴール博物館の屋外にいくつか置いてあるおうちです。紐を引っ張るとオルゴールが鳴ります。なんだかとても良いなと思いました。

c0206093_15415107.jpg
六甲ミーツ・アートも今年で6回目だそうで、すっかりお馴染みになりました。前ここにあの作品あったよね、といった目線で見て回るのもなかなか不思議な感覚です。来年は公募してみようかな。






by yyaainfo | 2015-09-23 15:58 | Architecture

讃岐の砂糖しめ小屋

c0206093_17071770.jpg
日帰り出張で高松に行って来ました。ついでにいくつか建物を見たのですが、その中でとびきり感心したのがこれ。ちょっと和心ある建築家が設計した現代建築にも見えますが、実はそうではなくただの民家です。


c0206093_17071750.jpg
砂糖しめ小屋といって、香川特産の和三盆をつくるために、さとうきびの汁を搾っていた小屋です。今は移築保存されてぽつんと建っていますが、昔のモノクロ写真を見るとかつては民家の傍に建っていたようです。


c0206093_17071739.jpg
(竪穴住居を除けば)日本の民家で円形平面は相当レアだと思うのですが、内部にその理由がありました。建物の壁に沿って牛がぐるぐる周ると中心の軸が回転して、歯車のついた石臼が回る仕組み。何とも良くできています。


c0206093_17164710.jpg
軒が円形なので、屋根架構も独特。高台寺傘亭をほうふつとさせるデザイン。


形態は機能に従う、などと言いますが、これは確かに目的がまず決まっていて、それに見合った建築を合理的に突き詰めた姿だと思います。見た目だけでも現代に通用する程美しいのに、趣味趣向でつくった形態ではなく裏に確固たる必然性がある。先人の創意工夫に感心するばかりです。




by yyaainfo | 2015-09-09 17:51 | Architecture

東京横浜

出張のついでに東京・横浜中心に30件ほど建築やら展覧会やら見て回りました。その中からいくつか。

c0206093_2026571.jpg

横浜大さん橋国際旅客ターミナル
海外の建築家ユニットが設計したウネウネデッキの有名建築。早朝なのでジョギングしている方が多数。適度なアップダウンが良い運動になりそう・・・。


c0206093_2026097.jpg

横浜赤レンガ倉庫
はじめて中に入りました。デートには持ってこいですね。しかし関西人には物価が高いス。


c0206093_20253583.jpg

ドックヤードガーデン
なぜか今まで赤レンガ倉庫に付属してるものと思ってました。ランドマークタワーの足元ですね。


c0206093_20253728.jpg

大倉山の集合住宅
ぐにゃぐにゃコンクリート集合住宅。コンパクトに良くまとまっている印象でした。いくつかはお店として利用されています。


c0206093_2026294.jpg

森山邸
いろんな部屋が独立したハナレになっている住宅。’00年代日本住宅デザインの白眉。


c0206093_2026587.jpg

ギャラリー間|伊藤豊雄展
台湾で進行中のプロジェクトの展示。ついでに寄っただけのつもりが、濃くて熱い内容についつい引き込まれてしまいました。


c0206093_20253722.jpg


21_21 DESIGN SIGHT|「活動のデザイン」展

かなり楽しいモダンアートの展覧会をやっていたのですが、あまりゆっくり見る時間がなく残念。



c0206093_2026219.jpg

日比谷花壇 日比谷公園店
公園の中につくられた花屋さん。ぎりぎりで立ち寄りました、が案の定もう閉まってますね。。。


毎度毎度、関東の建築は良い刺激になります。より一層、精進したいと思います。
by yyaainfo | 2014-11-06 00:02 | Diary

希望の壁

c0206093_00080671.jpg
新梅田シティ。スカイビルの足元に最近完成した長さ78Mの壁面緑化「希望の壁」です。

c0206093_00083641.jpg
どこにあるのかと思ったら、ビルの北側でした。奥は高速バスターミナル。バスの待機場所がいい感じに道路側から隠れる効果も。

c0206093_00091423.jpg
裏側。 お隣にある庭園を設計した吉村元男氏とトラブルになったことで話題になりました。

今まで飛び地のようだった新梅田シティですが、梅田北ヤードの開発が進むにつれて人の流れも加速しているようなので、この庭園の利用者も増えていけば良いですね。




by yyaainfo | 2013-11-18 00:06 | Architecture
c0206093_23153953.jpg
兵庫県芦屋市。新しくオープンしたKHギャラリー芦屋に行ってきました。このギャラリーはコシノヒロコさんの元自邸で今までは非公開でしたが、最近コシノヒロコさんの作品を展示するギャラリーに改装され、一般公開がはじまりました。


c0206093_23154048.jpg
我々が行った日は、下界は大変な暑さでしたが、芦屋の山中は涼しく一面霧の中。安藤氏の建築と霧はとてもよく似合います。


c0206093_23173722.jpg
寸法体系が普段馴染みのある公共の安藤建築よりずっと小さい。手に触れる距離感で各部作られています。



c0206093_23154084.jpg
扇形の部分は寝室棟。

c0206093_23173745.jpg

c0206093_23154072.jpg

c0206093_23153817.jpg

琉球畳敷の和室。壁・天井は和紙貼。


c0206093_23173897.jpg
床と畳寄はOMZPの鉄板。恰好良い。



c0206093_23173831.jpg
和室に向かい合う形でメインホール。元はリビングだったそうです。




c0206093_23153854.jpg
窓の外は霧中に大きな松林のパノラマ。




c0206093_23153875.jpg
作品は、実際にコシノヒロコさんがコレクションで使用した生地を再構成したものということです。そうか。絵も上手いんでしたね。カーネーションで見ました。


c0206093_23153813.jpg



c0206093_23173872.jpg
c0206093_23173731.jpg
階段手すりのディテール。





c0206093_23173939.jpg
元ダイニングだった天井の高い展示室。




c0206093_23173851.jpg
キッチン・・・というかもはや厨房。




c0206093_23153738.jpg
特別に主寝室も見せて頂きました♪

c0206093_23180208.jpg


c0206093_23153954.jpg
アールのついた造作家具は、裏面がウォークインクローゼットになっています。



c0206093_23180282.jpg
引き出しも湾曲してます。



c0206093_23173948.jpg
ゴージャスなバスルーム。




c0206093_23173763.jpg
ヒューマンスケールな設計と、それを住みこなす住み手のセンス。冷たいコンクリートに何だか温かさすら感じる住宅でした。ありがとうございました。



見学は予約制です。詳しくはこちら。
KH Galleryのホームページ
by yyaainfo | 2013-07-13 01:07 | Architecture

神戸コロッケ元町店

c0206093_21520863.jpg
神戸元町中華街。珍しい安藤忠雄氏設計のコロッケ屋さんです。いつものコンクリート打放しとはかなり趣が違いますが、新築ではなく改装だということです。建設現場用の足場部材で組み上げているそうですが、それほど無骨な感じでもなく細めの部材を組み合わせてなかなかスマートに出来上がっていました。


c0206093_21513588.jpg
記念にコロッケ頂きました。サクサクで美味い。ちなみにパッケージデザインは佐藤卓氏。




by yyaainfo | 2013-04-20 21:43 | Architecture

チャスカ茶屋町

c0206093_23555953.jpg
高齢者施設の設計資料を漁りに梅田のチャスカ茶屋町へ。ジュンク堂&丸善。日本最大の売り場面積の書店ビルです。上階はレジデンスとホテルになっています。


c0206093_23555504.jpg
尖りすぎてうまく絵におさまらない。。。

c0206093_23560330.jpg
近年、すっかり書籍はネットで買うことが増えたのですが、急に専門書が必要になった時はこういう本屋はとても助かります。茶屋町の付近は、梅田が苦手なやまもとも道に迷わずたどり着けるのでその点でも安心♪(梅田の地下ではいまだに道に迷います・・・)





by yyaainfo | 2012-01-08 23:55 | Architecture

日本橋の家

c0206093_1121385.jpg

自転車で日本橋に買い物に行った帰りに発見。



c0206093_1121646.jpg

雑踏の中に埋もれているので、言われなければなかなか分かりません。




c0206093_1121813.jpg

ファサード足元。よく見ると階段の上りはじめが恐ろしく窮屈になっています。確かに、これで上がれなくは無い。入口が引違戸になっているのも、開いたときに道路境界を越えてしまわないためと思われます。プランの極限ぶりがよく分かります。
by yyaainfo | 2011-05-21 01:11 | Architecture

南寺

c0206093_00120995.jpg
ジェームズ・タレル翁と安藤忠雄氏の合作。


c0206093_00125315.jpg
中も外も、よく出来てます。名作。

c0206093_00134597.jpg
よく見ると屋根裏が仏教寺院のデザインを踏襲していることが分かります。地垂木+飛櫓垂木。二軒(ふたのき)垂木スタイル。和を感じさせながら、モダン。



c0206093_00145007.jpg
ちなみに隣の公園に転がっていたベンチ。角材の組み物で出来上がっています。由来は良く分かりません。




by yyaainfo | 2010-11-09 00:10 | Architecture

李禹煥美術館

c0206093_055596.jpg

最近できた安藤忠雄氏設計の美術館、李禹煥(ウーファン)美術館です。
地中美術館から歩いて10分ほどのところにあります。


c0206093_0555929.jpg

アプローチ


c0206093_0561479.jpg

階段の際ディテール。綺麗。



c0206093_0563380.jpg

ここもすごい人です。


c0206093_0564463.jpg

ファサード壁面の前。



c0206093_0565446.jpg

李氏の作品。



c0206093_0572156.jpg

アプローチ床ディテール。白い小石を固めて、切りっぱなしにしています。とても綺麗。



c0206093_058868.jpg

コンクリートのパッセージが続く。残念ながら内部は撮影不可でした。


c0206093_0584946.jpg

敷地から海まで草原が広がっています。ちょうど谷間になっていて対岸の四国が見えますが、ちょうど高松辺りの工業地帯が見えない貴重な場所です。


c0206093_0585198.jpg

海岸まで出てみました。向こうに見えるベネッセミュージアムしかなかった頃に、雑木を踏み分け確かこの浜辺まで歩いてきました。それから10年後、こうしてここに立っているのはなんだか不思議なものです。
by yyaainfo | 2010-10-20 00:52 | Architecture

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所