c0206093_01271224.jpg
休日を利用して近江八幡までお出かけしました。近江八幡は新旧いろいろな建築が楽しめる稀有な町ですが、今回のお目当ては数年前に出来た「たねや」「クラブ・ハリエ」の旗艦店、ラコリーナ近江八幡。平日にも関わらず行列の出来る人気です。客層も若い人から年配層まで様々。みんなお菓子大好きですね。

c0206093_01271219.jpg


c0206093_01271230.jpg


c0206093_01271260.jpg


c0206093_01271241.jpg


c0206093_01271335.jpg


c0206093_01271338.jpg


c0206093_01271319.jpg


c0206093_01271337.jpg


c0206093_01271432.jpg


c0206093_01274733.jpg


c0206093_01274870.jpg


c0206093_01274860.jpg


c0206093_01274847.jpg


c0206093_01274832.jpg
独特な建築と広大な敷地に圧倒されましたが、まだまだ奥のほうに拡張中と知って更に驚きました。お菓子パワー恐るべし。。。




by yyaainfo | 2017-06-12 01:35 | Architecture
c0206093_20300480.jpg
再開発真っ最中の近鉄平群駅前に出来たお店と住居のコンプレックス。


c0206093_20300414.jpg


c0206093_20300446.jpg


c0206093_20300578.jpg
まだまだ建築にはいろいろな可能性があるもんだなぁと思いました。カフェは開いてなくて残念(さいきんそういうの多いですね。。。下調べ不足)。








by yyaainfo | 2017-05-04 20:43 | Architecture
c0206093_09382708.jpg
大阪府羽曳野市。現場の帰りに立ち寄りました。とてもかわいい佇まいです。


c0206093_09383147.jpg


c0206093_09383048.jpg


c0206093_09382706.jpg


c0206093_09382505.jpg


c0206093_09383110.jpg


c0206093_09382946.jpg


c0206093_09382618.jpg
曲面のエッジや窓周りなど、簡単にはつくれないものですが、さすが練熟の技、細部まで非常に精度高くつくられていました。一部はレストランになっているので、次は中も拝見してみたいです。





by yyaainfo | 2017-04-30 09:56 | Architecture
c0206093_13272756.jpg
旧田中家と併せて、唐招提寺に立ち寄りました。奈良に生まれ育ってもなかなか訪れる機会がなく、なんと小学校の遠足以来です。今見ると控えめな装飾と均整の取れたプロポーションに圧倒されます。建築物単体での完成度の高さは現存する奈良の寺院の中でもやはり別格。校倉造の宝蔵・経蔵、塔頭の練り塀など、見所満載ですっかり長居してしまいました。



c0206093_15485758.jpg


c0206093_13273098.jpg


c0206093_13272876.jpg


c0206093_13273122.jpg


c0206093_13272976.jpg


c0206093_13272901.jpg


c0206093_13272836.jpg


c0206093_13272734.jpg


c0206093_15482033.jpg



・・・小学生以来と思ってたんですが、昔の写真を漁ると、大学時代に授業で見学に来ていたようです。2003年、解体修理中の様子です。見えている部分は金堂の大屋根を取り外した状態。解体修理はこの後2009年までかかったそうですから、大変な工事ですね。

c0206093_15474967.jpg



by yyaainfo | 2017-04-24 15:56 | Architecture

旧・風の教会

c0206093_20014558.jpg
旧六甲オリエンタルホテル内にある安藤忠雄氏設計の教会。ホテルの営業終了に伴い閉鎖されていますが、六甲ミーツアートの会場として期限付き開館中。


c0206093_20021429.jpg


c0206093_20023910.jpg
チャペルへのアプローチ。六甲山上の厳しい環境のためか、かなり傷みが目立ちます。


c0206093_20025096.jpg
チャペル内部。廃墟状態。音が大きく響く室内を生かして音のインスタレーションが仕掛けられていました。


c0206093_20025511.jpg
光の教会と比べると大変悲しい状況ですが、こうやって公開される機会が増えていけばよいなと思います。







by yyaainfo | 2015-09-23 20:26 | Architecture

六甲ミーツアート2015

c0206093_15414442.jpg
今年のシルバーウィークは日帰りで近場に出かける方が多いそうです。ということで六甲山上で行われているアートイベントに行ってきました。


c0206093_15411896.jpg

c0206093_15413138.jpg

c0206093_15413867.jpg
c0206093_15415783.jpg
・・・これはインスタレーションではなく、六甲オルゴール博物館の屋外にいくつか置いてあるおうちです。紐を引っ張るとオルゴールが鳴ります。なんだかとても良いなと思いました。

c0206093_15415107.jpg
六甲ミーツ・アートも今年で6回目だそうで、すっかりお馴染みになりました。前ここにあの作品あったよね、といった目線で見て回るのもなかなか不思議な感覚です。来年は公募してみようかな。






by yyaainfo | 2015-09-23 15:58 | Architecture

讃岐の砂糖しめ小屋

c0206093_17071770.jpg
日帰り出張で高松に行って来ました。ついでにいくつか建物を見たのですが、その中でとびきり感心したのがこれ。ちょっと和心ある建築家が設計した現代建築にも見えますが、実はそうではなくただの民家です。


c0206093_17071750.jpg
砂糖しめ小屋といって、香川特産の和三盆をつくるために、さとうきびの汁を搾っていた小屋です。今は移築保存されてぽつんと建っていますが、昔のモノクロ写真を見るとかつては民家の傍に建っていたようです。


c0206093_17071739.jpg
(竪穴住居を除けば)日本の民家で円形平面は相当レアだと思うのですが、内部にその理由がありました。建物の壁に沿って牛がぐるぐる周ると中心の軸が回転して、歯車のついた石臼が回る仕組み。何とも良くできています。


c0206093_17164710.jpg
軒が円形なので、屋根架構も独特。高台寺傘亭をほうふつとさせるデザイン。


形態は機能に従う、などと言いますが、これは確かに目的がまず決まっていて、それに見合った建築を合理的に突き詰めた姿だと思います。見た目だけでも現代に通用する程美しいのに、趣味趣向でつくった形態ではなく裏に確固たる必然性がある。先人の創意工夫に感心するばかりです。




by yyaainfo | 2015-09-09 17:51 | Architecture

東京横浜

出張のついでに東京・横浜中心に30件ほど建築やら展覧会やら見て回りました。その中からいくつか。

c0206093_2026571.jpg

横浜大さん橋国際旅客ターミナル
海外の建築家ユニットが設計したウネウネデッキの有名建築。早朝なのでジョギングしている方が多数。適度なアップダウンが良い運動になりそう・・・。


c0206093_2026097.jpg

横浜赤レンガ倉庫
はじめて中に入りました。デートには持ってこいですね。しかし関西人には物価が高いス。


c0206093_20253583.jpg

ドックヤードガーデン
なぜか今まで赤レンガ倉庫に付属してるものと思ってました。ランドマークタワーの足元ですね。


c0206093_20253728.jpg

大倉山の集合住宅
ぐにゃぐにゃコンクリート集合住宅。コンパクトに良くまとまっている印象でした。いくつかはお店として利用されています。


c0206093_2026294.jpg

森山邸
いろんな部屋が独立したハナレになっている住宅。’00年代日本住宅デザインの白眉。


c0206093_2026587.jpg

ギャラリー間|伊藤豊雄展
台湾で進行中のプロジェクトの展示。ついでに寄っただけのつもりが、濃くて熱い内容についつい引き込まれてしまいました。


c0206093_20253722.jpg


21_21 DESIGN SIGHT|「活動のデザイン」展

かなり楽しいモダンアートの展覧会をやっていたのですが、あまりゆっくり見る時間がなく残念。



c0206093_2026219.jpg

日比谷花壇 日比谷公園店
公園の中につくられた花屋さん。ぎりぎりで立ち寄りました、が案の定もう閉まってますね。。。


毎度毎度、関東の建築は良い刺激になります。より一層、精進したいと思います。
by yyaainfo | 2014-11-06 00:02 | Diary

希望の壁

c0206093_00080671.jpg
新梅田シティ。スカイビルの足元に最近完成した長さ78Mの壁面緑化「希望の壁」です。

c0206093_00083641.jpg
どこにあるのかと思ったら、ビルの北側でした。奥は高速バスターミナル。バスの待機場所がいい感じに道路側から隠れる効果も。

c0206093_00091423.jpg
裏側。 お隣にある庭園を設計した吉村元男氏とトラブルになったことで話題になりました。

今まで飛び地のようだった新梅田シティですが、梅田北ヤードの開発が進むにつれて人の流れも加速しているようなので、この庭園の利用者も増えていけば良いですね。




by yyaainfo | 2013-11-18 00:06 | Architecture
c0206093_23153953.jpg
兵庫県芦屋市。新しくオープンしたKHギャラリー芦屋に行ってきました。このギャラリーはコシノヒロコさんの元自邸で今までは非公開でしたが、最近コシノヒロコさんの作品を展示するギャラリーに改装され、一般公開がはじまりました。


c0206093_23154048.jpg
我々が行った日は、下界は大変な暑さでしたが、芦屋の山中は涼しく一面霧の中。安藤氏の建築と霧はとてもよく似合います。


c0206093_23173722.jpg
寸法体系が普段馴染みのある公共の安藤建築よりずっと小さい。手に触れる距離感で各部作られています。



c0206093_23154084.jpg
扇形の部分は寝室棟。

c0206093_23173745.jpg

c0206093_23154072.jpg

c0206093_23153817.jpg

琉球畳敷の和室。壁・天井は和紙貼。


c0206093_23173897.jpg
床と畳寄はOMZPの鉄板。恰好良い。



c0206093_23173831.jpg
和室に向かい合う形でメインホール。元はリビングだったそうです。




c0206093_23153854.jpg
窓の外は霧中に大きな松林のパノラマ。




c0206093_23153875.jpg
作品は、実際にコシノヒロコさんがコレクションで使用した生地を再構成したものということです。そうか。絵も上手いんでしたね。カーネーションで見ました。


c0206093_23153813.jpg



c0206093_23173872.jpg
c0206093_23173731.jpg
階段手すりのディテール。





c0206093_23173939.jpg
元ダイニングだった天井の高い展示室。




c0206093_23173851.jpg
キッチン・・・というかもはや厨房。




c0206093_23153738.jpg
特別に主寝室も見せて頂きました♪

c0206093_23180208.jpg


c0206093_23153954.jpg
アールのついた造作家具は、裏面がウォークインクローゼットになっています。



c0206093_23180282.jpg
引き出しも湾曲してます。



c0206093_23173948.jpg
ゴージャスなバスルーム。




c0206093_23173763.jpg
ヒューマンスケールな設計と、それを住みこなす住み手のセンス。冷たいコンクリートに何だか温かさすら感じる住宅でした。ありがとうございました。



見学は予約制です。詳しくはこちら。
KH Galleryのホームページ
by yyaainfo | 2013-07-13 01:07 | Architecture

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所