タグ:リノベーション ( 187 ) タグの人気記事

c0206093_11461976.jpg
梅田スカイビル。現在進行中のプロジェクトの木材検討に、無垢フローリング.COMさんのショールームに行って来ました。インターネット販売系では、ショールームを持っているメーカーさんは稀です。実際の貼見本を見ると、小さなサンプルでは分からない全体の印象も比較することが出来て大変参考になりました。


c0206093_11463428.jpg
国産自然塗料、U-oilの超カラフルな塗り見本。これだけ種類があると微妙な色味の調整もできますね。青や紫はなかなか実際使う機会がありませんが・・・。




by yyaainfo | 2017-04-20 11:57 | '16-奈良市K邸
c0206093_10330133.jpg
奈良市京終の古ビルプロジェクト。ご相談を頂いてから間もなく2年。SII(一般社団法人環境共生イニシアチブ)のZEB実証事業に認定され、計画が本格的にスタートしました。私達の案件では、ZEB実証事業認定を受けるのはおうとくケアセンターに続いて2例めです。4階建の空きビルをシェアハウスとゲストハウス系のコンプレックスにコンバージョンします。建築基準法、消防法、旅館業法・・・まだまだ乗り越えなければならないハードルがたくさんありますが、一つずつクリアしていきたいと思います。







by yyaainfo | 2017-04-10 00:21 | '15-奈良市Kビルの改修

長屋の調査

c0206093_18534594.jpg
京都の長屋リノベ。プラン作成にあたって実測調査を行いました。しばらく空き家だったので、なかなか年季の入った水廻りです。吹抜があるので、元々は竈があったのでしょう。


c0206093_18582959.jpg
玄関前にある小さな3帖の「ミセノマ」。若い作家さんやデザイナーのアトリエとしては最適です。


c0206093_18532752.jpg

町屋調査のお楽しみ。畳の下には歴史が眠っています。昭和48年、(比較的)新しい新聞でした。もちろん京都新聞。







by yyaainfo | 2017-04-08 19:05 | '17-京都市K長屋

奈良町で調査

c0206093_13144394.jpg
設計を進めている町屋リノベーション計画が約半年間の審査を経て、奈良市の歴史的風致形成の整備事業に選定されました。デザインや工事の進め方について、お施主さまと一緒に奈良市役所の方から説明を受けました。文化財課の方から、建物の築年数や用途によってデザインの特徴が異なることなどをお聞きして、大変勉強になりました。

c0206093_13145775.jpg
奈良町を歩いて様々な格子のデザインサーベイ。シンプルな格子でも、縦横比や間隔の微妙な違いで随分印象が変わってきます。最も美しく見える格子とは?

c0206093_13143358.jpg
奈良町のはずれにある徳融寺。境内は桜が満開です!




by yyaainfo | 2017-04-07 13:46 | '16-奈良市H邸

カフェ調査

c0206093_03390014.jpg
事務所から程近くにあるカフェさんからご相談を頂き、さっそくヒヤリングと現地調査に伺いました。何度かお邪魔したこともあるお店なので、設計する立場で見ると何だか不思議な感じです。すでに出来上がっている良い雰囲気を壊さずに、より向上させるような提案になれば良いなぁと思います。





by yyaainfo | 2017-04-05 03:45 | Other works

長屋のリノベ

c0206093_07050136.jpg
京都市内から長屋リノベのご相談を頂き、さっそく下見に行ってきました。往来の多い道路から一本入っただけで、とても雰囲気のある長屋街が広がっていて驚きです。



c0206093_07051025.jpg
坪庭。今は荒れていますが、これがあるとないでは大違い。少し手を入れてやれば復活できそうです。




by yyaainfo | 2017-03-15 07:10 | '17-京都市K長屋

町屋の解体調査

c0206093_20013943.jpg
少し前になりますが、町屋リノベ現場で工務店さんと調査を行いました。偶然、奈良市内は今年一番の積雪。庭の梅は満開ですが、雪がどんどん積もっていきます。



c0206093_20015377.jpg
耐震診断にあたって梁の位置や寸法が分からないと計算出来ないので、今まで不明だった部分を解体しながら調査していきます。やっぱり素人と工務店さんでは手際が全然違いますね。貴重なデータをたくさんとることができました。ありがとうございます。


c0206093_20020535.jpg
屋根裏にも雪が!・・・これは埃がフラッシュで反射したもの。古屋の屋根裏は長年の土埃が降り積もっているのでマスク必携です。天井板は一部新しい材が使われているので、途中で一度屋根の葺き替え工事を行っていることが分かりました。



by yyaainfo | 2017-03-11 20:12 | '16-奈良市H邸

しかくの部屋

c0206093_09102063.jpg
ホームページに「しかくの部屋」の写真をUPしました。岡山ビルの4階にあるSOHOタイプの2部屋です。計画当初はもうちょっと普通の間取りだったのですが、コストカットや設備配管計画を進めるうちにどんどんプランがシェイプアップされて、設備コアと居室だけのミニマムな間取りとなりました。設備配管の位置が定まっている一般的な分譲マンションリノベではここまで思い切った間取りには出来ないので、設備配管を全て更新するビル一棟リノベならではの設計になったのではないかと思います。

http://yyaa.jp/


「しかくの部屋」
荒々しいコンクリート躯体で覆われたワンルーム空間にキッチン・洗面・浴室・トイレ・収納をコンパクトにまとめた四角の箱を据えて、住み手がその周りを自由に設えられる回遊性の高い部屋です。四角の箱がそれぞれのコーナーに死角をつくり、間仕切りはなくとも柔らかく空間に性格を与えています。




by yyaainfo | 2017-02-01 09:17 | '15-16岡山ビル

岡山ビル

c0206093_18313561.jpg
ホームページに「岡山ビル」の竣工写真をUPしました。ごくシンプルなデザインですが、それ故に苦労もひとしおでした。思い切った案に快くGOを出して頂いたビルオーナー様、難しい納まりを昼夜検討して頂いた工務店様に感謝致します。

http://yyaa.jp/


「岡山ビル」
近年、マンションや戸建など住居のリノベーションが一般に広く知られるようになり、今まで見向きもされなかった古い建物が価値を持てる時代となりました。一方で街中の古いオフィスビルを見ると、レトロで賃料が安い物件であっても空室が目立つ建物が多く、都心の高層・大規模再開発によって入居者は減る一方です。住居は室内さえリノベーションすればひとまず快適ですが、オフィスビルは取引先や顧客との打ち合わせに用いる公の場でもあるため、いくら室内を良い感じにリノベーションしても外観や共用部が酷い状態では使い物にならないことが原因ではないかと思われます。

今回は空室化と老朽化に悩む建物オーナー様のご依頼で、高度経済成長期に建てられた古オフィスビルを全面リノベーション。外装タイルやコンクリート、鉄製手摺といった古くて良いものを残しながら、無駄な装飾やツギハギの内装を撤去、意匠・構造・設備を更新し、レトロでシンプルな魅力を備えた「使える」オフィスビルに再生しました。




by yyaainfo | 2017-01-29 18:38 | '15-16岡山ビル

更の家

c0206093_22103412.jpg
ホームページに「更の家」の竣工写真をUPしました。落ち着いた大人な雰囲気のマンションリノベーションです。スタートから2年近くの歳月がかかりましたが、お施主様と工務店、たくさんのデザイナーさんのご協力により、無事完成できました。ありがとうございます。

http://yyaa.jp/


「更の家」
大阪府北部には建築家 遠藤剛生氏設計のマンションが点在しています。実験的なプランや丘陵地を巧みに利用した住棟構成が現在でも人気ですが、設備の老朽化と現行基準に比べて簡素な断熱性・防音性のため仕様の更新が課題となっています。今回の物件もそんなマンションの一室。階段を中心に回遊性のあるメゾネット住戸が組み合わさった設計です。お施主様は長年愛着を持って住んでこられ、これからも住み続けたいとお考えではあるものの、住み方の変化と修繕の必要性からリノベーションを計画されました。

新たに中古物件を購入する場合と違い、長年住み続けてきた住居のリノベーションでは部屋の配置や動線など使い慣れて変更したくない部分と、常々問題を感じてきた部分とが共存しており、対処療法的な設計が不可欠です。特に建築家が緻密に設計した共同住宅では間取りと構造体を切り離せない場合も多く、よく練られたプランニングは歳月を経ても色褪せない集住のかたちを含んでいます。 そこでスケルトン状態のゼロから考えるのではなく、先人が設計した従前の間取りを引き受けつつ更に発展させる、接ぎ木のようなリノベーションの形を模索しました。



by yyaainfo | 2017-01-27 22:17 | '14-16更の家

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所