タグ:リノベーション ( 202 ) タグの人気記事

畳の打ち合わせ

c0206093_23132385.jpg
六畳の和室。今回のリノベに伴い、炉を切って茶室として使える設えに変更します。お施主様に立ち会って頂きながら畳屋さんと詳細の打ち合わせ。客や亭主の動線、床の位置によって畳の敷き方を考える必要があり、さらに流派によっても考え方が色々なので、畳屋さんでも失敗したことがあるとか。。。奥が深い世界です。



c0206093_23133208.jpg
例えば畳の目乗り。写真は敷居との取り合い部分。畳縁に畳の目が半分重なって止まっています。部屋の隅では問題ありませんが、炉の周りでは畳の目を基準にお道具を置くので端数が出ないようきちんと揃える必要があるそうです。一概に六畳といっても柱割は様々なので、部屋の内法に合わせて、タイルを貼るように緻密に目を合わせていきます。茶室を巡る寸法体系は基本的に尺貫法なので、数値を聞いてパッとイメージ出来るようになるには相当の修練が必要ですね。






by yyaainfo | 2017-09-11 00:00 | '16-奈良市K邸

解体が始まりました。

c0206093_02354847.jpg
外部工事が一段落し、引き続き内部工事が始まりました。まずは既存の設備や壁・床の解体工事です。壊す部分・残す部分を慎重に見極めつつ進めていきます。



c0206093_02371586.jpg
既存の天井板を剥がすと、予想どおり片流れの勾配天井が出てきました。この空間をそのまま生かして、新たなLDKとして設えます。庇が深いため家の中が暗いという欠点を克服するため、屋根中央部にはトップライトを計画しています。






by yyaainfo | 2017-09-08 02:46 | '16-奈良市K邸

解体後の構造確認

c0206093_11051199.jpg
工務店さん・構造設計者さんに現場を見ていただきました。解体後のため、構造部材の組み方や継ぎ手も良く分かります。「間取りとの兼ね合いでこの柱や梁を抜きたいが問題ないかどうか」という相談も、現場なら構造面・施工面からその場で見解を教えて頂けるので、とてもスムーズに方針が決まりました。

c0206093_11052441.jpg
これは既存雨戸のアップです。板がやせていて隙間ができています。ただ、一枚一枚が幅広で格好良いため、作り直してしまうのももったいないような…。(み)



by yyaainfo | 2017-08-07 00:16 | '16-奈良市H邸
c0206093_22013429.jpg
奈良市の町屋改修の市役所協議がようやくひと山越えたのですが、次は京都市で町屋改修の補助金申請手続きです。京都は奈良と比べると物件の数が多いからか、手続きが洗練されているような印象を受けます。しかし市民の皆様の血税を頂く補助金、審査の厳しさに差はありません。こちらも資料作成と協議に手間暇がかかりそうです。




by yyaainfo | 2017-08-05 00:29 | '17-京都市K長屋

構造補強の検討中

c0206093_10262449.jpg
複数回の調査の結果、いろいろと問題点が見えてきた奈良市U邸。構造設計者さんに現地を見ていただきました。工務店さんにも同席していただき、どのような補強方法が適しているか、施工面からも意見を伺います。

c0206093_10264824.jpg
補強方法は「あと何年残したいのか」がひとつの目安となります。長年引き継がれてきた家なので、これから先も住み継がれるようにしたい。念入りに現状を確認しながら方針を固めていきます。(み)



by yyaainfo | 2017-07-22 22:42 | '15-奈良市U邸
c0206093_00333219.jpg
豊中市からリノベーションのご相談を頂き、現地調査と打ち合わせに伺いました。寮として使われていた建物の最上階を住居へと改装します。築年数はそれなりに経っていますが、よく設計されたモダンな建物。緑が多く落ち着いた環境を生かして、開放的なプランが作れれば良いなと思います。



by yyaainfo | 2017-07-12 00:41 | その他の計画
c0206093_23123277.jpg
奈良市の戸建てリノベーション。いよいよ工事が始まりました。今回は外部・内部と2段階で工事を行う予定なので、夏を挟んで長丁場の現場です。


c0206093_23132962.jpg
今が見頃のアガパンサスも今年はおあずけですね。






by yyaainfo | 2017-07-11 23:16 | '16-奈良市K邸
c0206093_20202714.jpg
奈良町屋のリノベーション。内部解体が完了しました。今まで分からなかった部分も全て見えるようになったので、再度構造部材の調査を行っていきます。


c0206093_20203764.jpg
町屋では、2階の床板は厚み15~20mm程度の荒板になっていることが一般的です。梁も太いので、このまま使っても格好良い雰囲気になりそうです。(ただし荒板は隙間があるので、そのまま2階の床仕上げ材としては使えません)


c0206093_20204523.jpg
一方、1階の床を支える支柱は石の上に細い丸太を建てただけの華奢なもの。また、その上に敷かれている大引という部材も製材していない丸太なので、高さが一定ではありません。床仕上げが畳の場合は多少の不陸があっても吸収できますが、フローリングに変更する場合はガタガタになってしまいます。やはり床組みをやり直す必要がありそうです。








by yyaainfo | 2017-06-20 20:30 | '16-奈良市H邸

敷地の大きさの確認

c0206093_13372078.jpg
敷地の大きさと、建物が敷地に対してどの位置にあるのか確認に来ました。…が、境界杭が見当たりません。昔ながらの町なので、明確な境界を出していないのかもしれません。お隣の塀が境界の目安となりそうです。

c0206093_13350512.jpg
ふと見上げたら、屋根に鶴と鯉がいました。どちらも縁起物なので再利用できればよいなぁと思います(み)





by yyaainfo | 2017-06-17 13:54 | '16-奈良市H邸
c0206093_23453306.jpg
六原の長屋リノベ。実施設計が出来上がったので工務店に見積を依頼しています。作業開始に先立って現地調査に来て頂きました。古い建物のリノベでは現在の状況を図面や写真で説明しきれないため、どうしても見積を行う前に現地調査が必要です。


特に今回は屋根の工事が曲者。瓦屋根は、部材の名称や葺き方、瓦の種類など、職人の間で昔から使われてきた専門用語がたくさんあり、曲がった部材が3次元的に組み合わさるため図面では指示しにくく非常に難解です。一軒家でも難しいのですが、長屋では小さな屋根が様々な形状で組み合わさっているため、どこがどうなっているのか、もはや外観からは全く分かりません。職人さんと連携しながら現場で納まりを検討していくことになりそうです。


調査に来られた瓦屋の親方から、下屋の瓦は少し小さめのサイズの瓦で葺くのが本来の京都のやり方だと伺いました。確かに通りを見渡すと、古い状態で残っている箇所は若干小ぶりな瓦が載っています。普通サイズで葺いた部分と比較すると、何となくヒューマンスケールというか、小気味好く感じられるのが不思議です。奥深い瓦の世界にどんどん引き込まれていきそうです。



by yyaainfo | 2017-06-15 00:15 | '17-京都市K長屋

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所