タグ:マンション ( 79 ) タグの人気記事

雑誌の取材

c0206093_23585758.jpg
昨年竣工の「閑かな家」。雑誌の取材で久々にお邪魔しました。簡潔で無駄のない生活スタイルにライターさん・カメラマンさんも感心しきりでした(もちろん私たちも)。住み手にフォーカスした写真は建築の竣工写真とはまた違った魅力があり、出来上がりが楽しみです。ご協力ありがとうございました。




by yyaainfo | 2017-05-06 00:08 | '15-16閑かな家

しかくの部屋

c0206093_09102063.jpg
ホームページに「しかくの部屋」の写真をUPしました。岡山ビルの4階にあるSOHOタイプの2部屋です。計画当初はもうちょっと普通の間取りだったのですが、コストカットや設備配管計画を進めるうちにどんどんプランがシェイプアップされて、設備コアと居室だけのミニマムな間取りとなりました。設備配管の位置が定まっている一般的な分譲マンションリノベではここまで思い切った間取りには出来ないので、設備配管を全て更新するビル一棟リノベならではの設計になったのではないかと思います。

http://yyaa.jp/


「しかくの部屋」
荒々しいコンクリート躯体で覆われたワンルーム空間にキッチン・洗面・浴室・トイレ・収納をコンパクトにまとめた四角の箱を据えて、住み手がその周りを自由に設えられる回遊性の高い部屋です。四角の箱がそれぞれのコーナーに死角をつくり、間仕切りはなくとも柔らかく空間に性格を与えています。




by yyaainfo | 2017-02-01 09:17 | '15-16岡山ビル

更の家

c0206093_22103412.jpg
ホームページに「更の家」の竣工写真をUPしました。落ち着いた大人な雰囲気のマンションリノベーションです。スタートから2年近くの歳月がかかりましたが、お施主様と工務店、たくさんのデザイナーさんのご協力により、無事完成できました。ありがとうございます。

http://yyaa.jp/


「更の家」
大阪府北部には建築家 遠藤剛生氏設計のマンションが点在しています。実験的なプランや丘陵地を巧みに利用した住棟構成が現在でも人気ですが、設備の老朽化と現行基準に比べて簡素な断熱性・防音性のため仕様の更新が課題となっています。今回の物件もそんなマンションの一室。階段を中心に回遊性のあるメゾネット住戸が組み合わさった設計です。お施主様は長年愛着を持って住んでこられ、これからも住み続けたいとお考えではあるものの、住み方の変化と修繕の必要性からリノベーションを計画されました。

新たに中古物件を購入する場合と違い、長年住み続けてきた住居のリノベーションでは部屋の配置や動線など使い慣れて変更したくない部分と、常々問題を感じてきた部分とが共存しており、対処療法的な設計が不可欠です。特に建築家が緻密に設計した共同住宅では間取りと構造体を切り離せない場合も多く、よく練られたプランニングは歳月を経ても色褪せない集住のかたちを含んでいます。 そこでスケルトン状態のゼロから考えるのではなく、先人が設計した従前の間取りを引き受けつつ更に発展させる、接ぎ木のようなリノベーションの形を模索しました。



by yyaainfo | 2017-01-27 22:17 | '14-16更の家

閑かな家

c0206093_22201815.jpg
ホームページに「閑かな家」の竣工写真をUPしました。とてもシンプルで、清々しい住宅です。よろしければご覧下さい。
http://yyaa.jp/


「閑かな家」
若いご夫婦と文鳥、めだかが暮らすマンションの一室。簡潔な床座の生活に慣れたお施主様から、ダイニングテーブルやソファを置くLDKワンルームは気積が大きすぎて落ち着かないとのお話を伺い、小上がり・寝室・水廻りから成る3つのまとまりを微かな隙間を取りながら据えることで、身体的なスケール感と奥性のある空間を創りました。素材は木材とセメント。あとは塗装仕上げ。縁取った開口部から入ったやさしい光が室内に満ちる閑かな佇まいとなりました。




by yyaainfo | 2017-01-26 22:23 | '15-16閑かな家

ファーストプレゼン

c0206093_20033452.jpg
渋マンションのリノベーション計画。お施主様にプレゼンテーションを行いました。現地調査と図面調査によって、新築時の設備設計にかなり問題があることが分かり、建物全体的な設備仕様と配管ルートの見直しが必要な状況です。そのため住戸レベルを超えて、建物全体のリフレッシュを目指した提案となりました。コンクリート造では柱・梁の構造グリッドによって空間が文節されます。そこに給排水・換気空調・ガスの機器・配管を集約した設備のグリッドを重ねることで、更に多様な空間の文節を生み出せるのではないかというもくろみです。

c0206093_20034934.jpg
ワンルームタイプの住戸。

c0206093_20082695.jpg

設備グリッドが重なる部分は床仕上げを替えて、何となく領域分けが成されます。奥の寝室部分は可動間仕切りでオープン/クローズ。

c0206093_20022501.jpg
共用部についてもオートロック化・集合ポストの入れ替え・宅配ボックスの設置など機能のバージョンUPと、エントランス周りのイメージUPを連携して提案しています。


・・・ちなみに今回からCGのテイストを少し変えています。最近ではリアルを追求したCGは目新しさがなくなってきたので、逆に絵として捉えて、アニメのセル画のような雰囲気に近づけようと色々試行錯誤中です。




by yyaainfo | 2017-01-21 20:30 | Other works

一年点検

c0206093_23135644.jpg
昨年設計した北田辺の賃貸マンション室内・外観リノベーション。お施主様・工務店さんと一年点検を行いました。通常、賃貸マンションでは入居が始まってからの点検は難しいのですが、今回は入居者さんのご協力で住居の内部も点検させていただくことが出来ました。施工の不具合や設計時に想定していなかった問題点に気づくことも出来、大変よい機会となりました。


c0206093_23142949.jpg
一年ですっかり大きくなった道路際のアベリアホープレイズ。なかなかの生命力。階段下の木ルーバーも美しさをキープしており一安心。




by yyaainfo | 2016-12-21 01:30 | '15-Dias+Trust

古マンション調査

c0206093_13231866.jpg
築古賃貸マンションのオーナー様よりご相談を頂き、現地調査へ。昔ながらの鉄扉がよい味を出しています。


c0206093_13225888.jpg
駅からも近く、室内は綺麗にリフォームされて清潔な感じですが、それでも入居者が見つからず空室が続いているとのこと。抜本的な見直しが必要ですね。




by yyaainfo | 2016-11-19 13:27 | Other works

撮影

c0206093_21500408.jpg
豊中のマンションリノベーション。テラスの工事がようやく完成したので竣工写真の撮影にお邪魔しました。今回はキッチン、カーテン、照明、外構、と色々なメーカーやデザイナーさんに協力して頂いたおかげで、非常に撮り所の多い家になったように思います。お施主さまにも手伝って頂きながら、昼景から夕景まで、たくさん良い写真が撮れました。ありがとうございました。





by yyaainfo | 2016-11-15 01:17 | '14-16更の家

撮影

c0206093_13420646.jpg
奈良市のマンションリノベーション。カメラマンの山田さんと竣工写真の撮影にお伺いしました。特徴的なプランの部屋をごく自然に住みこなして頂いていて、設計者、感激です。お施主さまにも色々お手伝いして頂き、とても良い絵が撮れたように思います。出来上がりが楽しみ。


c0206093_13415040.jpg
文鳥さんも陽当りの良い窓際の席で居心地よさそうでした。





by yyaainfo | 2016-10-18 00:10 | '15-16奈良市Y邸

塗装中

c0206093_03290528.jpg
奈良市のマンションリノベ。塗装工事中です。部屋が一気に明るくなりました。今回は厳しい予算の中、ビニルクロス貼りへの変更は行わずにお施主さま塗装部分をつくることでペンキ仕上げを死守。やはり塗装で仕上がった壁面は微妙な凹凸が良い味を出しています(写真では分かりませんが・・)。前回決めた塗装色は、今まで使っていた白色より2段階ぐらい明度を落としています。明るすぎず暗すぎず、なかなか絶妙な雰囲気になりました。奥の壁面はグレー色塗装です。


c0206093_03291118.jpg
扉も現場に搬入されていました。今回は全体の雰囲気に合わせて久々にシナ合板です。大きな穴はスライド丁番を取り付ける掘り込み、小さな穴はつまみ代わりの手掛かりです。




by yyaainfo | 2016-06-05 03:42 | '15-奈良市Y邸

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所