<   2017年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

c0206093_09382708.jpg
大阪府羽曳野市。現場の帰りに立ち寄りました。とてもかわいい佇まいです。


c0206093_09383147.jpg


c0206093_09383048.jpg


c0206093_09382706.jpg


c0206093_09382505.jpg


c0206093_09383110.jpg


c0206093_09382946.jpg


c0206093_09382618.jpg
曲面のエッジや窓周りなど、簡単にはつくれないものですが、さすが練熟の技、細部まで非常に精度高くつくられていました。一部はレストランになっているので、次は中も拝見してみたいです。





by yyaainfo | 2017-04-30 09:56 | Architecture

プレゼンテーション


c0206093_10423965.jpg
京都の長屋リノベーション計画。お施主さまにプレゼンテーションを行いました。今回は建物をスケルトンに戻すのではなく、古くてまだ使えるものを極力残しつつイメージの刷新を図るため、イメージ写真などを使いながらのプレゼンです。


c0206093_10430622.jpg
展開図。先日実測した内容をもとに現況図を起こし、残す箇所と替える箇所を細かく指定しています。手間がかかりますが、リノベーションではどうしてもこの作業は欠かせません。


c0206093_10431660.jpg
CGでは町屋の雰囲気を伝えられないので、珍しく手書きパースでご説明。たまにはこういうのも良いですね。





by yyaainfo | 2017-04-29 10:50 | '17-京都市K長屋

すっきり樋

c0206093_11230546.jpg
堺市N邸。工務店さんのご好意でバンドレスの樋を採用することが出来ました。非常にすっきりして、樋があることが気になりません。ぱっと見、何が普通と違うのか分かりませんが・・・




c0206093_09562078.gif
こういう違いです。縦樋の壁面側がレールになっているので、バンドがなくても壁面に支持できる仕組みです。一昔前まではステンレス製やアルミ製など高級縦樋のディテールだったのですが、汎用品も増えてきたので採用しやすくなりました。


c0206093_09550138.jpg
ちなみにこのバンド、業界用語で「デンデン」と言います。そうです、デンデン太鼓のデンデンです。




by yyaainfo | 2017-04-28 11:24 | '15-堺市N邸

奈良の木 助成制度など

c0206093_21434277.jpg
山本嘉寛建蓄設計事務所は平成29年度も引き続き、奈良県産材の利用を促進する「奈良の木」事業者として登録されております。・・・ということで、奈良の木を使用した住宅への助成制度の説明会に行って来ました。


by yyaainfo | 2017-04-27 22:30 | Diary
c0206093_13272756.jpg
旧田中家と併せて、唐招提寺に立ち寄りました。奈良に生まれ育ってもなかなか訪れる機会がなく、なんと小学校の遠足以来です。今見ると控えめな装飾と均整の取れたプロポーションに圧倒されます。建築物単体での完成度の高さは現存する奈良の寺院の中でもやはり別格。校倉造の宝蔵・経蔵、塔頭の練り塀など、見所満載ですっかり長居してしまいました。



c0206093_15485758.jpg


c0206093_13273098.jpg


c0206093_13272876.jpg


c0206093_13273122.jpg


c0206093_13272976.jpg


c0206093_13272901.jpg


c0206093_13272836.jpg


c0206093_13272734.jpg


c0206093_15482033.jpg



・・・小学生以来と思ってたんですが、昔の写真を漁ると、大学時代に授業で見学に来ていたようです。2003年、解体修理中の様子です。見えている部分は金堂の大屋根を取り外した状態。解体修理はこの後2009年までかかったそうですから、大変な工事ですね。

c0206093_15474967.jpg



by yyaainfo | 2017-04-24 15:56 | Architecture

旧田中家住宅

c0206093_20215007.jpg
お施主さまのお父様から、奈良の古民家が移築復元されているとのお話を伺い、見学に行ってきました。古民家にも色々ありますが、これは法蓮造りという型式で、現存する最古のものということです。面白いのは、大和棟を持った奈良の農家スタイルと、格子を備えた町屋スタイルの折衷になっているところです。奈良市法蓮町(かつての法蓮村)は農村と市街地のちょうど境目だったので、建物もその両方の性格を備えています。正面は小径の丸太でつくった素朴な縦格子。その名も法蓮格子というそうです。


c0206093_20214941.jpg
基本的には農家なので、牛をつなぐ為の金具が付いています。中の土間の一角には牛小屋もあります。農家ならハナレをつくるところが、スペースがないので室内につくったのでしょう。牛と一つ屋根の下で暮らす生活に想像が膨らみます。



c0206093_20215057.jpg
ため息の出るような空間でした。



c0206093_20215144.jpg
他に見学者もいないので貸切です。唐招提寺から徒歩5分強。外国人旅行者にも見せてあげたいなあ。


by yyaainfo | 2017-04-22 00:10 | '16-奈良市H邸
c0206093_11340891.jpg

梅田に行ったついでに、ヴェネチア
・ビエンナーレ国際建築展2016 帰国展を見に行きました。


c0206093_11345516.jpg



c0206093_11361429.jpg


c0206093_11360433.jpg

なかなか普段の業務では変わった素材の模型や巨大な模型は作れないので、展覧会は非常に刺激になります。ありがとうございました。




by yyaainfo | 2017-04-21 11:41 | Diary
c0206093_11461976.jpg
梅田スカイビル。現在進行中のプロジェクトの木材検討に、無垢フローリング.COMさんのショールームに行って来ました。インターネット販売系では、ショールームを持っているメーカーさんは稀です。実際の貼見本を見ると、小さなサンプルでは分からない全体の印象も比較することが出来て大変参考になりました。


c0206093_11463428.jpg
国産自然塗料、U-oilの超カラフルな塗り見本。これだけ種類があると微妙な色味の調整もできますね。青や紫はなかなか実際使う機会がありませんが・・・。




by yyaainfo | 2017-04-20 11:57 | '16-奈良市K邸
お施主様がお持ちのウォルナットの天板。脚を付け、ローテーブルとして使う予定なのですが、既製品ではどうもしっくりこないとのこと。せっかくなので鋼材を利用して製作することになりました。良い材なので、裏面にビス穴を開けずに成り立つシンプルなデザインがベスト。CGで完成予想図を確認しつつ、スタッフ一同でいろいろ案を練りました。

c0206093_22200003.jpg
チャンネル鋼を短くブツ切りした上に天板。どっしり感はあります。悪く言えば鈍重。


c0206093_22203791.jpg
H鋼。チャンネル鋼より若干すっきり。長手方向はあんまり変わりません。

c0206093_22210565.jpg
H鋼縦置き。短手方向の見え方が面白い。中に物が置けるオマケ付き。ただ相当な重量になりそう。。


c0206093_22210592.jpg
H鋼縦置き。真ん中を抜いてみたパターン。案外あんまり格好良くない。


c0206093_22210506.jpg
T型。だいぶスリムになりました。若干スリムすぎるかな。


c0206093_22210655.jpg
T型。内外を逆転したパターン。スリムかつ程よい重量感。お施主様とも打ち合わせして、この形で進めることになりました。出来上がりが楽しみです。




by yyaainfo | 2017-04-18 02:31 | '15-17堺市N邸

オープンハウス

c0206093_13504553.jpg
堺市N邸のオープンハウスには予想を上回るたくさんの方にご来場頂き、本当にありがとうございました。設計する側からは気付かない貴重なコメントをたくさん頂くことが出来、今後に活かしていきたいと思います。


c0206093_13511033.jpg
オープンハウスは準備に手間がかかったり、お施主さまや現場の負担になる部分もあったり、と毎回行える訳ではないのですが、皆様に喜んで頂いている様子をみると、出来るだけ行ったほうがよいなあと再認識しました。完成した家を見て周るのはやはり楽しいものですね。

建物はまだ若干の残工事があるので、引き続き監理を行っていきます。





by yyaainfo | 2017-04-17 14:05 | '15-堺市N邸

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所