<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4つの小さな家

c0206093_00254619.jpg
堺市の住宅。実施設計中です。家の中に庭をつくるイメージをさらに膨らませて、4つの小さな家が集まって1つの大きな家になり、その隙間が大きなリビング空間になるプランに成長しました。
c0206093_00255485.jpg
外観は極力シンプルにまとめつつ、内部は色々な仕掛けがある空間に。

c0206093_00352713.jpg
内部。大きめの模型で窓の位置と構造検討を進めています。




by yyaainfo | 2016-04-30 00:37 | '15-17四つ角の家

間仕切り

c0206093_01150607.jpg
奈良のマンションリノベーション。間仕切り工事を進めています。水周り・寝室・居間の3つの島が土間に浮かぶ間取り。居間は30cmほどの小上がりになっています。まだ骨組み状態ですが、イメージどおり特長のある空間になりそうです。




by yyaainfo | 2016-04-29 16:30 | '15-16閑かな家

ペンダント照明選び

豊中のリノベーション。ダイニング用のペンダント照明がなかなかしっくり来ず苦戦中。いくつか候補が絞れてきたので、ショールームに現物確認にいきました。

c0206093_01061765.jpg
本町にあるYamagiwa大阪のショールーム。Yamagiwaの照明は結構昔から使っていますが、ショールームに来るのは実は初めて。色々なデザイナーの照明や家具が豊富に取り揃っていて、飽きません。カフェにしてほしいぐらい。


c0206093_00354857.jpg
芦屋のflame。割と奥まった場所にあるのでなかなか来られなかったのですが、ようやく念願叶いました。アンティークが溢れる空間にブラスや黒皮テイストの照明。もはや定番ですね。


・・・実物は確認できたのですが、結局器具は決まらず。。。さらに検討することになりました。







by yyaainfo | 2016-04-28 00:52 | '14-16更の家

現場開始。

c0206093_00595147.jpg
奈良市のマンションリノベーション。厳しい予算調整をようやく乗り越え、いよいよ着工となりました。まずは既存の建物を解体し、スケルトンの状態に戻します。もともと天井即コンクリートの建物なので、解体すると綺麗な壁や天井が出てきました。


c0206093_01003727.jpg
上下階を突き抜ける排水管。竪管と、住戸内の排水を竪管へ流すための十字型の継手部分は共用部のためリノベーション工事では手を加えることができません(上の階の排水が漏れてしまいます。。)そのため、リノベ後の設備機器から出る排水管をどちらの向きから竪管に接続するか、向きや口径、高さの制限が生じます。事前の調査である程度PSの位置は把握できますが、継手の詳細まではなかなか・・・。現場での微調整がかかせない部分です。

今回も継手が思ったより低い位置にあったため、水回りの間仕切り位置や設備の種類など、若干の変更が必要になりました。臨機応変に対応しながら、テンポよく現場は進んで行きます。





by yyaainfo | 2016-04-20 01:10 | '15-16閑かな家

ファーストプレゼン

c0206093_05254888.jpg
奈良の戸建てリノベーション計画。プレゼンテーションを行いました。お施主様からは部分的なリフォームのご要望を頂いていたのですが、老後を見据えた生活スタイルや、動線や収納量を考えるとどうしても抜本的な解決が必要な状況だったため、家全体の住み方を変更するご提案となりました。長年慣れ親しんだ環境を変えることには最初かなり抵抗を感じておられた様子でしたが、なぜ現状を変えたほうが良いのか、設計のプロセスをご説明する中で納得して頂くことが出来ました。設計を進める上では、欲しいものにすぐ手が届くキッチンや家具、たくさんある骨董や美術品・書籍、それぞれに適した居場所を見つける細かな配慮が必要になりそうです。


c0206093_05260903.jpg
c0206093_05255845.jpg
c0206093_05255830.jpg
c0206093_05260951.jpg





by yyaainfo | 2016-04-19 05:37 | '16-奈良市K邸
c0206093_15361712.jpg
弊所設計の『 』の家が韓国の建築雑誌「IX Design」に掲載されています。감사합니다。


『』の家は何故か韓国の方に評判が良いようです。当地も割と狭小住宅が多いのでしょうか。溢れる下町感が良いのかしら。など色々想像膨らみます。海外プレスにリリースしていると、反応のよい地域とそうでない地域が物件によって全然違います。とても不思議ですね。


 
by yyaainfo | 2016-04-06 15:54 | Topics

ファーストプレゼン

c0206093_21154656.jpg

阿倍野区のマンションリノベ。お施主さまにプレゼンテーションを行いました。今回は「モロッコテイスト」とのお題を頂き、マラケシュピンクの壁面やイズニック風タイル、アーチの開口部など、若干イスラム意匠を意識してデザインしています。特に南面のバルコニーに面してインナーテラスを確保することで、イスラム住居のパティオのように半屋外の多目的スペースとして活用しつつ、住戸の奥まった部分へも採光・通風を導く計画です。


c0206093_2115408.jpg




c0206093_21155252.jpg




c0206093_21155922.jpg

建具の使い方次第で、オープンなLDKを分割して子供部屋に利用することも出来ます。
by yyaainfo | 2016-04-05 00:15 | その他の計画

間接照明

c0206093_20532467.jpg

豊中市のマンションリノベーション。元々天井が上の階のコンクリート床となっているタイトな建物のため、ダウンライトなどの埋め込み型照明を使えません。住戸内のほとんどの箇所を間接照明でまかないます。


間接照明は器具本体が見えては台無し、うまく器具が目に入らないように隠す必要があります。最近はLEDの進歩で小さなサイズの間接照明も増えていますが、それでもうまく隠すには工夫が必要です。今回は照明デザイナーさんの提案で、梁型に沿わせて間接照明用の下地を取り付けました。


c0206093_20532896.jpg

さらに直行する方向にも間接照明。木材で下地をつくると出っ張りが大きくなってしまうので、鉄板を曲げて製作しています。狙い通りなかなかシャープな出来です。



写真中央に映っている広幅のフローリングも貼り終えて、いよいよ仕上げの工程に入ってきます。
by yyaainfo | 2016-04-04 21:06 | '14-16更の家

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所