<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

YYAA Works 2013

2013年は公私とも色々なできごとが起こった激動の一年でしたが、たくさんのお施主さま、建設会社、協力業者のみなさまのおかげで何とか無事過ごすことができました。厚く御礼申し上げます。来年も様々な条件から最適な建築を生み出す努力を続けると共に、「自分にしか出来ない仕事とは何なのか」「どうすればこの国に1つでも多くの良い建築・空間を増やすことができるのか」を絶えず考え、新しい試みにもどんどんチャレンジしていきたいと考えておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。 山本嘉寛


c0206093_11161720.jpg

Catarina(奈良市)



c0206093_1116289.jpg

Cafe Franz Kafka(奈良市)



c0206093_11163412.jpg

東住吉の長屋(大阪市東住吉区)


c0206093_11172996.jpg

屋形の家(奈良県生駒市)


c0206093_11174756.jpg

A Renovation(兵庫県芦屋市)


c0206093_1118388.jpg

工房のある家


c0206093_11182091.jpg

おうとくケアセンター(奈良市)


c0206093_11185010.jpg

『』の家(大阪市旭区)


c0206093_1119137.jpg

Skywalk(神戸市中央区)


c0206093_1119283.jpg

錢屋本舗オフィス(大阪市天王寺区)
by yyaainfo | 2013-12-31 11:10 | Diary

コンクリート天井

c0206093_19563189.jpg

いよいよ解体が始まりました。天井を剥がすと古いコンクリートスラブや配管が見えてきます。一部木材が見えていますが、これは施工ミスではなく、昔コンクリートの打設時にわざと仕込んであったものです。ここに木片を打ち付けて下地を組み、天井板を留める仕組みです。現代では板ではなくインサートという専用金物をコンクリート打設時に仕込んで、そこに鉄の棒をひっかける工法なので、こういうコトにはなりません。


古ビルのリノベでは、『コンクリート造だから天井は剥がしてそのままにすれば安価に格好良くなるのでは』というイメージがあるのですが、この木材が雑に入っていることが多いので、実は結構そう簡単ではありません(おまけに天井裏には見栄えを気にせず縦横無尽に電気・給排水・ガス・換気・空調の配管が通っていることがほとんどです。)
by yyaainfo | 2013-12-15 19:50 | '13-14錢屋本舗オフィス

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所