<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

プラン確定

c0206093_2043463.jpg

オフィスのリノベーション。全体のデザインコンセプトを守りながら動線や収納量を調整して、現実的な案に近づけていきます。がらんどうのスペースさえあれば良いように思えるオフィスの設計ですが、打合せを進めると、来客対応はどうするのか、会議はどうするのか、セキュリティは、上下足は、昼食や休憩はいつもどこで取っているのか、更衣室は、照明はどんな明るさ・色味が良いのか、将来を含め人員や収納量はどのぐらい想定するのか、、と山のように課題が出てきます。やっとプランがまとまったので、引き続き素材や設備関係を選びながらコストの調整を行っていきます。
by yyaainfo | 2013-11-30 20:00 | '13-14錢屋本舗オフィス
c0206093_1345629.jpg



中古住宅のリノベをお考えの施主さまと、検討中の物件を調査に。いわゆるホームインスペクションです。(⇒ホームインスペクションについてはこちら等を参照)

c0206093_134588.jpg



クラック発見。売主からは何の説明もなく、危うく見過ごされるところでした。


c0206093_13511.jpg



ユニットバスの天井から、屋根裏をごそごそ拝見。断熱材の留め付けが甘いですねえ。


中古物件を購入する際は、ふつう不動産会社と買主との直接交渉になりますが、不動産会社はプロ・買主は素人ですから、買主が著しく不利な交渉となってしまい、売主が言っていることがどこまで正しいのか判断することもできません。そこで、不動産会社よりはるかに建築に詳しい我々、設計を生業とする一級建築士が買主の立場に立って物件の現状を調査・査定する必要がある訳です。特にリノベーション前提の購入の場合は、契約前に希望のプランが叶えられそうなものか、ある程度当りをつけることは大変重要です。




なぜか関西では広がらないホーム・インスペクションですが、潜在的な需要はメチャメチャあるように感じます。弊所でも、もっとたくさんの方が安心して中古住宅を購入できるよう、物件の購入前の段階からお手伝いできる仕組みを検討中です。
by yyaainfo | 2013-11-21 13:03 | Words
c0206093_00080671.jpg
新梅田シティ。スカイビルの足元に最近完成した長さ78Mの壁面緑化「希望の壁」です。

c0206093_00083641.jpg
どこにあるのかと思ったら、ビルの北側でした。奥は高速バスターミナル。バスの待機場所がいい感じに道路側から隠れる効果も。

c0206093_00091423.jpg
裏側。 お隣にある庭園を設計した吉村元男氏とトラブルになったことで話題になりました。

今まで飛び地のようだった新梅田シティですが、梅田北ヤードの開発が進むにつれて人の流れも加速しているようなので、この庭園の利用者も増えていけば良いですね。




by yyaainfo | 2013-11-18 00:06 | Architecture

構造打ち合わせ

c0206093_11483150.jpg



鉄骨造の構造ディテールについて、構造設計事務所で打ち合わせしました。今回は真壁造(柱梁を壁の中に隠さず露出されるつくり)のため、ほとんどの部材がそのまま仕上げになります。鉄骨の接合部やサッシ・外壁の下地やボルト位置など、通常は現場やメーカーにお任せで済む部分も、全て指示しなければなりません。特に構造躯体に関係する部分は後で変更ができないので、しっかり細部まで詰めておく必要があります。施工サイドとも連携しながら、工法を絞り込んでいきます。
by yyaainfo | 2013-11-09 11:48 | '12-14『』の家

レトロクローザー

c0206093_20134116.jpg

古い鉄扉についているドアクローザー。・・・というよりオイルダンパー。信じられない大きさです。今でもちゃんと動きます。最近の四角いものは小さいですが見栄えが良くないため、我々建築家は隠ぺいタイプ(コンシールドドアチェック)をよく使うのですが、ここまで主張が強いと逆に見せて使いたいですね。
by yyaainfo | 2013-11-01 20:09 | '13-14錢屋本舗オフィス

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所