<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0206093_0484130.jpg

内装の壁面が出来上がってきたので、新旧建物の継ぎ目が輪切りになって残っています。



c0206093_049091.jpg

横からのぞくと分かりやすい。ここにステンレス/アルミ製のカバー(エキスパンション・ジョイント)を渡します。できるだけ目立たない個所にジョイントが来るように設計しています。ここはちょうど壁面収納になる部分。



c0206093_0493449.jpg

廊下も輪切り。




c0206093_0494749.jpg

居室も輪切り



c0206093_050117.jpg

穴が2つ空いているのは、給水・給湯です。ここに洗面器が付きます。ということで向こうの建物から水を出して、それをこっちの建物で使う訳です。我ながらかなりアクロバティック!
by yyaainfo | 2013-02-25 00:47 | '10-13おうとくケアセンター

外壁塗装中

c0206093_2105753.jpg

外壁塗装中です。ネットで覆われてるので全然見せませんが・・・



c0206093_211465.jpg

ネットの内側はこんな感じです。古い外壁のリフォーム用塗料を使っています。昔の配管や補修の跡が極力目立たないように濃い色にしました。エアコンや排水管、雨樋のルートを整理し、すっきりした外観に生まれ変わらせます。
by yyaainfo | 2013-02-24 21:00 | '10-13おうとくケアセンター

近未来予想図

c0206093_2325418.jpg

高齢者施設。広報用のCGが出来ました。左が既存建物、右が増築建物です。数ヶ月後には、こんな感じに出来上がっていることでしょう。



c0206093_23254551.jpg

3Fショートステイの共同生活室。施設建築ですがナラフローリングを使ったり、壁はペンキを塗ったり、キッチンが木製だったりと、かなりナチュラルな素材感でつくっています。
by yyaainfo | 2013-02-14 23:24 | '10-13おうとくケアセンター

内装工事中

c0206093_0262710.jpg

高齢者施設現場。現在プラスターボード(せっこうボード)貼りの真っ最中。完成形を想像しやすくなってきました。



c0206093_026245.jpg

ショートステイ居室の一つ。さまざまな方が入居される高齢者施設では安全上、引違い窓はロックして開けられないよう対策を行うことが多いため、今回はセーフティストッパー付きの縦滑り出し窓を採用。通常は10cmしか開きませんが、ストッパーを解除したり、非常時に外部から消防隊が進入する場合は90°オープンになります。


デザイン面でも、引違い窓は縦桟が中央に通ったり、左右のガラス面に若干の段差が出来たり、とイマイチすっきりしませんが、縦滑り出し窓はごくシンプルです。内部だけでなく、建物の外観にも割とそれが重要らしく、日本の建築が美しくならないのは引違い窓信仰のせいだ、という説もあります。今回はかなりの割合の窓を縦滑り出しにしているので、すっきりした外観になるのではと期待しています。
by yyaainfo | 2013-02-12 00:26 | '10-13おうとくケアセンター

プチ打ち上げ

c0206093_15533577.jpg
お施主さまのお誘いで、関係者限定プチ打ち上げパーティにお呼ばれしました。おいしい鍋とお酒にすっかりヘベレケ状態。現場での苦労も一瞬で吹き飛びました。ありがとうございます。


c0206093_15533849.jpg
開店に向けてすっかり準備も整った・・・ように見えますが、まだまだ時間がかかるそうです。 オープンが楽しみ!!




by yyaainfo | 2013-02-11 15:53 | '12-15Cafe F.Kafka

緞帳かべ

c0206093_1349451.jpg
壁面を彩る巨大カーテンが茶色+青色の怪しい光を放っています

c0206093_13303098.jpg
お施主さまチョイスのアンティーク家具や照明も相まって、国籍年代様式不明な、実に不思議な雰囲気が出て来ました。




by yyaainfo | 2013-02-08 13:25 | '12-15Cafe F.Kafka
c0206093_1161549.jpg




あたらしい店舗案件の物件下見に神戸三宮へ。いくつか候補地を見学しましたが、いずれも駅前の好立地。計画が楽しみです。
by yyaainfo | 2013-02-07 01:16 | '12-13Skywalk
c0206093_23401957.jpg

高齢者施設現場。壁も柱も吹付でモコモコになりました。


柱・梁のグレー色モコモコは耐火被覆といって、構造材の耐火性能を高める材料です。事務所だった建物を高齢者施設にコンバージョンするにあたり、建築基準法上の耐火性能をMAXである耐火建築物扱いまで高める必要があります。鉄骨むき出しだと、火災時に温度が上がって溶けちゃうので危険、という訳です。


壁のグリーンモコモコは現場発泡ウレタン。断熱材です。元々鉄骨ALC、一切断熱材のない建物だったので、そのままで入居施設として使っては寒くて仕方がない。板状やビーズ状の断熱材ではどうしても隙間の密閉性が低いので、特にリノベーションでは発泡ウレタンでみっちり断熱してあげるほうが効果的です。



見た目のデザイン以上に、性能上のバージョンアップも重要ですね。
by yyaainfo | 2013-02-02 23:40 | '10-13おうとくケアセンター

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所