カテゴリ:'17-京都市K長屋( 5 )

c0206093_22013429.jpg
奈良市の町屋改修の市役所協議がようやくひと山越えたのですが、次は京都市で町屋改修の補助金申請手続きです。京都は奈良と比べると物件の数が多いからか、手続きが洗練されているような印象を受けます。しかし市民の皆様の血税を頂く補助金、審査の厳しさに差はありません。こちらも資料作成と協議に手間暇がかかりそうです。




by yyaainfo | 2017-08-05 00:29 | '17-京都市K長屋
c0206093_23453306.jpg
六原の長屋リノベ。実施設計が出来上がったので工務店に見積を依頼しています。作業開始に先立って現地調査に来て頂きました。古い建物のリノベでは現在の状況を図面や写真で説明しきれないため、どうしても見積を行う前に現地調査が必要です。


特に今回は屋根の工事が曲者。瓦屋根は、部材の名称や葺き方、瓦の種類など、職人の間で昔から使われてきた専門用語がたくさんあり、曲がった部材が3次元的に組み合わさるため図面では指示しにくく非常に難解です。一軒家でも難しいのですが、長屋では小さな屋根が様々な形状で組み合わさっているため、どこがどうなっているのか、もはや外観からは全く分かりません。職人さんと連携しながら現場で納まりを検討していくことになりそうです。


調査に来られた瓦屋の親方から、下屋の瓦は少し小さめのサイズの瓦で葺くのが本来の京都のやり方だと伺いました。確かに通りを見渡すと、古い状態で残っている箇所は若干小ぶりな瓦が載っています。普通サイズで葺いた部分と比較すると、何となくヒューマンスケールというか、小気味好く感じられるのが不思議です。奥深い瓦の世界にどんどん引き込まれていきそうです。



by yyaainfo | 2017-06-15 00:15 | '17-京都市K長屋

プレゼンテーション


c0206093_10423965.jpg
京都の長屋リノベーション計画。お施主さまにプレゼンテーションを行いました。今回は建物をスケルトンに戻すのではなく、古くてまだ使えるものを極力残しつつイメージの刷新を図るため、イメージ写真などを使いながらのプレゼンです。


c0206093_10430622.jpg
展開図。先日実測した内容をもとに現況図を起こし、残す箇所と替える箇所を細かく指定しています。手間がかかりますが、リノベーションではどうしてもこの作業は欠かせません。


c0206093_10431660.jpg
CGでは町屋の雰囲気を伝えられないので、珍しく手書きパースでご説明。たまにはこういうのも良いですね。





by yyaainfo | 2017-04-29 10:50 | '17-京都市K長屋

長屋の調査

c0206093_18534594.jpg
京都の長屋リノベ。プラン作成にあたって実測調査を行いました。しばらく空き家だったので、なかなか年季の入った水廻りです。吹抜があるので、元々は竈があったのでしょう。


c0206093_18582959.jpg
玄関前にある小さな3帖の「ミセノマ」。若い作家さんやデザイナーのアトリエとしては最適です。


c0206093_18532752.jpg

町屋調査のお楽しみ。畳の下には歴史が眠っています。昭和48年、(比較的)新しい新聞でした。もちろん京都新聞。







by yyaainfo | 2017-04-08 19:05 | '17-京都市K長屋

長屋のリノベ

c0206093_07050136.jpg
京都市内から長屋リノベのご相談を頂き、さっそく下見に行ってきました。往来の多い道路から一本入っただけで、とても雰囲気のある長屋街が広がっていて驚きです。



c0206093_07051025.jpg
坪庭。今は荒れていますが、これがあるとないでは大違い。少し手を入れてやれば復活できそうです。




by yyaainfo | 2017-03-15 07:10 | '17-京都市K長屋

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所