カテゴリ:'16-奈良市K邸( 13 )

c0206093_02383054.jpg
奈良市の戸建てリノベ。外壁に断熱材が入りました。今回は工務店さんのご厚意&お試し企画で、羊毛断熱材を採用しています。

グラスウールやロックウール、発泡ウレタンといった化学系断熱材でも計算上、同じ断熱性には出来るのですが、実際に羊毛断熱材を貼ってみると、体が感じる気持ちよさが全然違うことに驚きました。化学系の断熱材を施工したての現場は何となく長居したくない気持ち悪さがあるものですが、さすがウール。フカフカでずっと触ってたい心地よさ。壁で塞いでしまうのが勿体ないです。

今回は漆喰や土壁、タイル、織物壁紙、無垢フローリングなど、自然な素材感のある材料をたくさん使うので、その仕上げの内側も自然な素材で出来ていると更に心地よさがUPするような気がします。




by yyaainfo | 2017-10-14 02:51 | '16-奈良市K邸

製作ベンチの打ち合わせ

c0206093_00174127.jpg
家具屋さんで、お施主様と製作ベンチの打ち合わせ。

c0206093_00181135.jpg
新品のラインナップもありますが、元々は家具の修理から始められたとのことで、店内にはリペアしたレトロでかわいい家具がいっぱい。

c0206093_00221695.jpg
ベンチには先日、四条河原町のお店で確認してきたminä perhonenの張地を使います。悩みに悩んで、3色の張地の組み合わせ+クッションを製作することになりました。出来上がりが非常に楽しみです。





by yyaainfo | 2017-09-27 00:26 | '16-奈良市K邸
c0206093_00241590.jpg
奈良市のリノベ。屋根をくりぬいてトップライトが付きました。今まで薄暗かった室内がサンサンと陽が降り注ぐ明るい部屋に一変。さすが採光面積3倍。劇的な効果です。


c0206093_22060080.jpg
トップライトは手が届かない部分に設置するので、基本的にリモコンで開閉操作します。夏場は暑くなりすぎるので電動ロールスクリーンも付属です。さらに開けた窓は雨が降ってくるとセンサで感知して勝手に閉まる仕組みです。非常に優れものです。




by yyaainfo | 2017-09-14 00:03 | '16-奈良市K邸
c0206093_17134310.jpg
打合せの旅のつづき、『寿ビルディング』にやってきました。このビルの1階に入っている『minä perhonen』が今回の旅の最終目的地です。お施主様より「minä perhonenの生地を使ったソファが作りたいわぁ!」とのご要望で、どんな生地があるのかリサーチです。

c0206093_17134466.jpg
…といいつつ、お店の可愛らしい雰囲気に足が踏み出せない男性陣。お店に入る前に、気持ちを落ち着ける意味も含めてビルを見学しました。寿ビルディングは、昭和2年竣工の鉄筋コンクリート造5階建ての建物で、京都市の『歴史的風致形成建造物』に指定されています。階段の木製手摺も格好良いです!

c0206093_17134545.jpg
ビルを一通り見学し、本題のminä perhonenへ。正面のショーウィンドウからは、生地のロールが見えるようになっています。入口扉も可愛いです!

c0206093_18165953.jpg
家具用の柄は2種類。『ちょうちょ』と『tambourine』。どちらもminä perhonenの代表的な柄です。生地色によって刺繍糸の色も少しずつ違うので、選ぶのも迷ってしまいます。

c0206093_17134448.jpg
家具用の生地は『dop』といって、表と裏の両面に色違いの生地が使われていて、2枚で1セットになっています。

c0206093_17134547.jpg
なぜこのような工夫がされているかというと、使い込みによって表生地が磨り減ってしまっても、この写真のように裏面の生地がだんだん現れてくるので、時間が経つのも楽しみのひとつになる仕組みです。永く使い込んでいくことを考えると、わくわくしますね!(み)




by yyaainfo | 2017-09-12 00:11 | '16-奈良市K邸

畳の打ち合わせ

c0206093_23132385.jpg
六畳の和室。今回のリノベに伴い、炉を切って茶室として使える設えに変更します。お施主様に立ち会って頂きながら畳屋さんと詳細の打ち合わせ。客や亭主の動線、床の位置によって畳の敷き方を考える必要があり、さらに流派によっても考え方が色々なので、畳屋さんでも失敗したことがあるとか。。。奥が深い世界です。



c0206093_23133208.jpg
例えば畳の目乗り。写真は敷居との取り合い部分。畳縁に畳の目が半分重なって止まっています。部屋の隅では問題ありませんが、炉の周りでは畳の目を基準にお道具を置くので端数が出ないようきちんと揃える必要があるそうです。一概に六畳といっても柱割は様々なので、部屋の内法に合わせて、タイルを貼るように緻密に目を合わせていきます。茶室を巡る寸法体系は基本的に尺貫法なので、数値を聞いてパッとイメージ出来るようになるには相当の修練が必要ですね。






by yyaainfo | 2017-09-11 00:00 | '16-奈良市K邸
c0206093_15582073.jpg
お施主様と打合せの旅、本日の目的の場所『かみ添』へ。店頭には、綺麗な文様の型押しされた便箋やポチ袋が並んでいます。レースのように繊細な文様が自然光を受けてきらきらしていました。

c0206093_15581991.jpg
奥のスペースで、いろいろな襖紙のサンプルをお見せいただきました。絵の具で染色された紙に手刷りで文様が型押しされた唐紙は、どれも表情が異なります。文様ひとつひとつはキリッとした印象ですが、一枚で見るとやわらかな雰囲気を持っています。また、襖や壁などの大きな面としてみると、空間にほどよく馴染み、華やかで落ち着いた印象です。

c0206093_15582086.jpg
今回は、お部屋によって文様を変えることにしました。下地と文様の色の組み合わせも、サンプルとは異なる色へ変更したので完成が楽しみです。(み)





by yyaainfo | 2017-09-09 00:30 | '16-奈良市K邸

解体が始まりました。

c0206093_02354847.jpg
外部工事が一段落し、引き続き内部工事が始まりました。まずは既存の設備や壁・床の解体工事です。壊す部分・残す部分を慎重に見極めつつ進めていきます。



c0206093_02371586.jpg
既存の天井板を剥がすと、予想どおり片流れの勾配天井が出てきました。この空間をそのまま生かして、新たなLDKとして設えます。庇が深いため家の中が暗いという欠点を克服するため、屋根中央部にはトップライトを計画しています。






by yyaainfo | 2017-09-08 02:46 | '16-奈良市K邸
c0206093_23123277.jpg
奈良市の戸建てリノベーション。いよいよ工事が始まりました。今回は外部・内部と2段階で工事を行う予定なので、夏を挟んで長丁場の現場です。


c0206093_23132962.jpg
今が見頃のアガパンサスも今年はおあずけですね。






by yyaainfo | 2017-07-11 23:16 | '16-奈良市K邸
c0206093_20063859.jpg
奈良市の戸建リノベ。秋の工事に向けて着々と準備が進んでいます。外壁の劣化具合を調べるため、工務店さんにサンプルを採取して頂きました。(こんなにうまく取れるとは・・)


c0206093_20064809.jpg
"井"箇所がサンプルを取ったところ。調査の結果、まだ塗料が健全な状態なので塗り替えは不要とのことでした。過去に一回全面塗り替えを行っていることが功を奏したようです。全体を高圧洗浄して降り積もった汚れを落とします。




by yyaainfo | 2017-05-30 20:13 | '16-奈良市K邸
c0206093_11461976.jpg
梅田スカイビル。現在進行中のプロジェクトの木材検討に、無垢フローリング.COMさんのショールームに行って来ました。インターネット販売系では、ショールームを持っているメーカーさんは稀です。実際の貼見本を見ると、小さなサンプルでは分からない全体の印象も比較することが出来て大変参考になりました。


c0206093_11463428.jpg
国産自然塗料、U-oilの超カラフルな塗り見本。これだけ種類があると微妙な色味の調整もできますね。青や紫はなかなか実際使う機会がありませんが・・・。




by yyaainfo | 2017-04-20 11:57 | '16-奈良市K邸

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所