カテゴリ:Architecture( 32 )

チャスカ茶屋町

c0206093_23555953.jpg
高齢者施設の設計資料を漁りに梅田のチャスカ茶屋町へ。ジュンク堂&丸善。日本最大の売り場面積の書店ビルです。上階はレジデンスとホテルになっています。


c0206093_23555504.jpg
尖りすぎてうまく絵におさまらない。。。

c0206093_23560330.jpg
近年、すっかり書籍はネットで買うことが増えたのですが、急に専門書が必要になった時はこういう本屋はとても助かります。茶屋町の付近は、梅田が苦手なやまもとも道に迷わずたどり着けるのでその点でも安心♪(梅田の地下ではいまだに道に迷います・・・)





by yyaainfo | 2012-01-08 23:55 | Architecture

日本橋の家

c0206093_1121385.jpg

自転車で日本橋に買い物に行った帰りに発見。



c0206093_1121646.jpg

雑踏の中に埋もれているので、言われなければなかなか分かりません。




c0206093_1121813.jpg

ファサード足元。よく見ると階段の上りはじめが恐ろしく窮屈になっています。確かに、これで上がれなくは無い。入口が引違戸になっているのも、開いたときに道路境界を越えてしまわないためと思われます。プランの極限ぶりがよく分かります。
by yyaainfo | 2011-05-21 01:11 | Architecture

南寺

c0206093_00120995.jpg
ジェームズ・タレル翁と安藤忠雄氏の合作。


c0206093_00125315.jpg
中も外も、よく出来てます。名作。

c0206093_00134597.jpg
よく見ると屋根裏が仏教寺院のデザインを踏襲していることが分かります。地垂木+飛櫓垂木。二軒(ふたのき)垂木スタイル。和を感じさせながら、モダン。



c0206093_00145007.jpg
ちなみに隣の公園に転がっていたベンチ。角材の組み物で出来上がっています。由来は良く分かりません。




by yyaainfo | 2010-11-09 00:10 | Architecture

李禹煥美術館

c0206093_055596.jpg

最近できた安藤忠雄氏設計の美術館、李禹煥(ウーファン)美術館です。
地中美術館から歩いて10分ほどのところにあります。


c0206093_0555929.jpg

アプローチ


c0206093_0561479.jpg

階段の際ディテール。綺麗。



c0206093_0563380.jpg

ここもすごい人です。


c0206093_0564463.jpg

ファサード壁面の前。



c0206093_0565446.jpg

李氏の作品。



c0206093_0572156.jpg

アプローチ床ディテール。白い小石を固めて、切りっぱなしにしています。とても綺麗。



c0206093_058868.jpg

コンクリートのパッセージが続く。残念ながら内部は撮影不可でした。


c0206093_0584946.jpg

敷地から海まで草原が広がっています。ちょうど谷間になっていて対岸の四国が見えますが、ちょうど高松辺りの工業地帯が見えない貴重な場所です。


c0206093_0585198.jpg

海岸まで出てみました。向こうに見えるベネッセミュージアムしかなかった頃に、雑木を踏み分け確かこの浜辺まで歩いてきました。それから10年後、こうしてここに立っているのはなんだか不思議なものです。
by yyaainfo | 2010-10-20 00:52 | Architecture

大丸心斎橋本館

c0206093_12344385.jpg
年末商戦でにぎわう御堂筋。関西人ならおなじみの風景ですが、この大丸の建物は実は結構有名な建築です。


c0206093_12344758.jpg
この建物の最大の面白さは、踊り場をスキップフロア的に利用した階段室と1階~中2階の吹き抜けだと思います。竣工が1922年ですから、当時としては相当斬新だったんじゃないでしょうか。今でもとても気持ちいい空間です。個人的にもとても思い入れのある建築で、小さい頃、親に連れられて行くたびに、なんかここ面白くて好き、みたいな感覚があったことをよく覚えています。もちろんヴォーリズの事ことなど全く知らなかった訳ですが、今から思えばはじめて「建築体験」をした場所の一つ なのかなあという気もします。


空襲であたり一面焼け野原になった中、このビルだけ残っている写真を見たことがあります。特別頑丈だったからか、ラッキーだったからかよく分かりませんが、 いずれにせよよく残ったものです。その後の保存もとても良好ですし、後から建った隣の村野藤吾設計・旧そごうが先に解体されていることを思えば、とても幸運な建築クンです。


c0206093_12345128.jpg
踊り場のニッチに水のみ場。こういう感覚は今の商業建築にはないですねぇ。まだまだ永く残ってほしい建築です。
by yyaainfo | 2009-12-25 12:39 | Architecture
c0206093_23443949.jpg
近くに行ったので久々に立ち寄りました。


c0206093_23444964.jpg
風化していた打放しコンクリートが綺麗になっていてびっくり。最近は打放しコンクリートをリフレッシュする技術もずいぶん向上していますね。


c0206093_23445766.jpg
住吉大社界隈。建設当時の写真とは随分風景が変わってますが、下町風情を残す町並み。チンチン電車に住之江競艇。良いところです。




by yyaainfo | 2009-02-08 23:46 | Architecture
c0206093_2137674.jpg

関西にある貴重な谷口建築です。何度も車で前は通っていたものの、入るのは初めて。



c0206093_21374518.jpg

鏡のように景色を映す水盤。


c0206093_21383832.jpg

ぼうや、大きくなったらいい建築家になるんだよ。。。


c0206093_21392176.jpg

恐ろしくシンプルなスチールドア。コーキング・丁番が全く見えない収まり。


c0206093_21402199.jpg

恐ろしくシンプルなディテールの自動ドア(左)。公共施設では普通考えられないディテールです。



c0206093_21412611.jpg

さすが、と唸る設計ながら、施設の使われ方が若干残念でした。立て看板やら、フェンスやら、ポスターやら、建築を考えずに物を選んで置いているものだから、なかなか絵にならず。。残念です。


>> 京都国立博物館ホームページ
by yyaainfo | 2008-11-23 21:43 | Architecture
c0206093_20570730.jpg
安藤忠雄氏、不朽の名作。正式名称は日本キリスト教団茨木春日丘教会。

c0206093_20542628.jpg
誰が撮っても絵になります。


c0206093_20542948.jpg
教壇から見返し。床は工事用足場板をブラック色に塗装。

c0206093_20543522.jpg
十字架の右上と左上は天井・壁で吊った状態になっています。



c0206093_20563483.jpg
敷地内にはお墓がちらほら。


見学には予約が必要です。
http://www.ibaraki-kasugaoka-church.jp/




by yyaainfo | 2007-03-24 20:54 | Architecture

ギャラリー・トム

c0206093_21165946.jpg

松濤にある美術館です。小ぶりですが、個人的にここはとても好きです。内藤廣氏初期の名作。


c0206093_211724.jpg

撥水材を塗ってないのか、コンクリートが焼き物のようになっています。渋い。


c0206093_21191084.jpg

目のみえない人も美術品を楽しめる、という美術館自体のコンセプトが刻まれています。展示品は全て触って楽しめるのです。


c0206093_21192810.jpg


c0206093_21194389.jpg


c0206093_21201496.jpg


内部。広くはないですが、手作り感があってとても居心地がいい空間です。屋根は折板。断熱は上下に入れているのかな。


c0206093_2120096.jpg


c0206093_21204016.jpg

吹き抜けから見下ろし。


c0206093_21205875.jpg

建築を見に来た、といったら、わざわざ屋上の鍵を開けて下さったり、美術館の方々がとっても親切で、感激でした。



>> Gallery TOM
by yyaainfo | 2007-02-10 21:22 | Architecture
c0206093_034587.jpg

安藤忠雄氏、中期の代表作の一つ。照明一切なしの日没閉館ミュージアム。



c0206093_0345489.jpg

エントランス。



c0206093_0343880.jpg

エントランス見返し。


c0206093_0354080.jpg

徐々に室内へと導かれるアプローチ。



c0206093_0361472.jpg


とても気持ちよい展示室。光量もちょうど良い感じ。絵の保存には割と過酷な環境のようにも思います。


c0206093_037143.jpg





c0206093_0372562.jpg

非常に良く出来た美術館なのですが、哀れ2005年に閉館してしまいました・・・が、2007年に再オープンしたらしいです。



c0206093_038433.jpg

by yyaainfo | 2003-09-04 00:31 | Architecture

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所