カテゴリ:'13-14錢屋本舗オフィス( 17 )

完成!

c0206093_2124293.jpg

大阪市天王寺区で進めておりましたオフィスのリノベーションが完成しました。レトロな建物の素材を生かしてちょっと醤油を垂らしたようなデザインです。ホームページに写真をUPしておりますので宜しければご覧ください。(撮影:笹倉洋平)


http://yyaa.jp/04shop-office/s05zof/index.htm




by yyaainfo | 2014-06-18 23:46 | '13-14錢屋本舗オフィス

竣工写真撮影

c0206093_21122279.jpg

引き渡し直前のラストスパートで一気に工事完了、竣工写真の撮影を行いました。今回は建築の記録写真というより、雰囲気重視。古ビルリノベならではの陰影のある写真が撮れたようです。出来上がりが楽しみ。
by yyaainfo | 2014-05-28 23:49 | '13-14錢屋本舗オフィス

着色中

c0206093_21202013.jpg

先日の答え合わせです。アクセント壁は最終的にモスグリーンになりました。とてもシックな感じにまとまっております。グリーン塗装は、黄色が強いとアーミー風、青色が強いと黒板風になってしまうので、調色が難しいところ。ちょうどその中間ぐらいの色味を選びました。



c0206093_21205779.jpg

南窓に面した大きな共用デスク。PC用の電源もあります。これは非常に使い勝手が良さそう。羨ましいです。
by yyaainfo | 2014-05-20 23:55 | '13-14錢屋本舗オフィス

赤と緑

c0206093_21252021.jpg

アクセントとなる壁の塗装色を検討中。色々な案を検討して、最後に残ったのがえんじ色とモスグリーンの2案。小さな色見本だけではイメージをつかみにくいのでCG化して比較しています。




c0206093_21261624.jpg

えんじ色のほうはカフェ感満載、華やかな印象です。モスグリーンはぐっと落ち着いた雰囲気なのでオフィスとしては無難なチョイスかも。どちらも良い感じですが、方向性が全然違うので悩みどころです。
by yyaainfo | 2014-05-16 23:59 | '13-14錢屋本舗オフィス

サッシのカバー工法

c0206093_21285322.jpg

大工工事がほぼ完了。これから仕上げ工事に移ります。現場でお施主様と各部材の色合せを行いました。




c0206093_21284458.jpg

開口部。年代もののスチールサッシは取り外して枠のみ再利用。その内側にカバー工法でアルミサッシを取り付けています。とてもすっきり収まりました。
by yyaainfo | 2014-05-13 00:04 | '13-14錢屋本舗オフィス

下地作業中

c0206093_2131232.jpg

着々と工事が進んでいます。間仕切りの下地が出来て、完成イメージが掴めるようになってきました。会議室や社長室をコンパクトにまとめたので心配しましたが、まずまずの広さは確保できそうです。天井面も塗装してすっきり。元のコンクリート面の荒い表情が残っていて良い感じです。
by yyaainfo | 2014-04-23 00:07 | '13-14錢屋本舗オフィス

スケルトン

c0206093_19494677.jpg

既存内装の解体工事が完了しました。工事前には分からなかった壁の中や床下、天井裏の謎が解ける瞬間です。現場の詳しい状況を測って図面に反映させ、設計の精度を上げて行きます。南向きの気持ち良いオフィスになりそうです。
by yyaainfo | 2014-03-24 19:43 | '13-14錢屋本舗オフィス

どんす

c0206093_2172830.jpg

間仕切り壁にファブリック貼の壁面を検討しています。織物を壁面に用いる手法としては「緞子(どんす)貼」が有名です。あの金襴どんすの「どんす」です。壁面にクッション材を貼り、その上に織物を貼っていく手法で、ホテルのインテリアなどで見かけるものですが、織物の値段に加え、内装制限をクリアする耐火性を備える必要もあるのでなかなかハイスペックです。今回は不燃織物クロスを用いて、気軽によく似た雰囲気をつくれないかと考えています。
by yyaainfo | 2014-01-18 21:06 | '13-14錢屋本舗オフィス

コンクリート天井

c0206093_19563189.jpg

いよいよ解体が始まりました。天井を剥がすと古いコンクリートスラブや配管が見えてきます。一部木材が見えていますが、これは施工ミスではなく、昔コンクリートの打設時にわざと仕込んであったものです。ここに木片を打ち付けて下地を組み、天井板を留める仕組みです。現代では板ではなくインサートという専用金物をコンクリート打設時に仕込んで、そこに鉄の棒をひっかける工法なので、こういうコトにはなりません。


古ビルのリノベでは、『コンクリート造だから天井は剥がしてそのままにすれば安価に格好良くなるのでは』というイメージがあるのですが、この木材が雑に入っていることが多いので、実は結構そう簡単ではありません(おまけに天井裏には見栄えを気にせず縦横無尽に電気・給排水・ガス・換気・空調の配管が通っていることがほとんどです。)
by yyaainfo | 2013-12-15 19:50 | '13-14錢屋本舗オフィス

プラン確定

c0206093_2043463.jpg

オフィスのリノベーション。全体のデザインコンセプトを守りながら動線や収納量を調整して、現実的な案に近づけていきます。がらんどうのスペースさえあれば良いように思えるオフィスの設計ですが、打合せを進めると、来客対応はどうするのか、会議はどうするのか、セキュリティは、上下足は、昼食や休憩はいつもどこで取っているのか、更衣室は、照明はどんな明るさ・色味が良いのか、将来を含め人員や収納量はどのぐらい想定するのか、、と山のように課題が出てきます。やっとプランがまとまったので、引き続き素材や設備関係を選びながらコストの調整を行っていきます。
by yyaainfo | 2013-11-30 20:00 | '13-14錢屋本舗オフィス

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31