無垢ウォルナット天板を載せる黒皮鉄脚を考える。

お施主様がお持ちのウォルナットの天板。脚を付け、ローテーブルとして使う予定なのですが、既製品ではどうもしっくりこないとのこと。せっかくなので鋼材を利用して製作することになりました。良い材なので、裏面にビス穴を開けずに成り立つシンプルなデザインがベスト。CGで完成予想図を確認しつつ、スタッフ一同でいろいろ案を練りました。

c0206093_22200003.jpg
チャンネル鋼を短くブツ切りした上に天板。どっしり感はあります。悪く言えば鈍重。


c0206093_22203791.jpg
H鋼。チャンネル鋼より若干すっきり。長手方向はあんまり変わりません。

c0206093_22210565.jpg
H鋼縦置き。短手方向の見え方が面白い。中に物が置けるオマケ付き。ただ相当な重量になりそう。。


c0206093_22210592.jpg
H鋼縦置き。真ん中を抜いてみたパターン。案外あんまり格好良くない。


c0206093_22210506.jpg
T型。だいぶスリムになりました。若干スリムすぎるかな。


c0206093_22210655.jpg
T型。内外を逆転したパターン。スリムかつ程よい重量感。お施主様とも打ち合わせして、この形で進めることになりました。出来上がりが楽しみです。




by yyaainfo | 2017-04-18 02:31 | '15-17堺市N邸

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所