町屋と格闘中。

c0206093_20325039.jpg
奈良市の町屋リノベ。設計開始に先立ち、構造調査を行いました。建物の骨組みを明らかにするためには、室内に見えていない屋根裏や床下を覗く必要があります。何十年もの間、誰の目にもふれていない屋根裏を覗く瞬間は、いつもドキドキ。。。


c0206093_20325523.jpg
1階と2階の隙間です(1階天井裏)。大きな梁が見えます。その上に荒板を張って、2階の畳を敷いています。幅広の荒板はなかなか雰囲気があってそのままフローリング代わりに使えそうです。


c0206093_20324472.jpg
床下。町屋お決まりの玉石基礎です。地面と建物をガチガチに緊結する現代の構法と比べると極めて原始的ですが、わざと地面と建物の縁を切って、地震が来た時に上物全体が基礎からずれるだけ、という先人の知恵もそれはそれで一理あります。

c0206093_20323737.jpg
屋根裏を覗くと、高い吹抜け空間に黒くすすけた漆喰壁。かつての火袋のあとです。予測していた通りになっていて感激。これは是非復活させたい空間です。


すっかり埃と蜘蛛の巣まみれになりましたが、設計に必要なデータがたくさん得られました。町屋のリノベでは図面らしきものが一切ないことが前提なので、誰かが建物を測って図面に起こす必要があります。特に我々設計事務所の仕事の進め方では、設計が終わってから工務店に見積を依頼するので、設計前に詳細なデータを得るためには、職人ではなく自分自身が現場に入って建物を調査するしか方法がありません。手間はかかりますが、昔の生活感や、新築時の棟梁が何を考えていたか、など古い建物と向き合うことで初めて分かることもたくさんあります。







by yyaainfo | 2016-07-01 21:21 | '16-奈良市H邸

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所