プチ解体

c0206093_23025362.jpg
玉造のビルリノベ現場。工務店さんに部分的に解体して頂いて、室内から見えない部分を探っていきます。


c0206093_23035469.jpg
天井裏。仕上がされていないので、柱や梁の正確な寸法が分かります。


c0206093_23063221.jpg
床の構成も部分的に剥がしてみてチェック。地層のように歴代の仕上げ材が積み重なっています。全部剥がすと、いかにもリノベ向きな黒い床(接着剤の色)が現れました。


いろいろ現場を詳細調査しながら、設計の精度向上とコストダウンの両立を計ります。


 






by yyaainfo | 2016-02-27 23:11 | '15-16岡山ビル

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所