Pタイルの検討

c0206093_19583015.jpg

今回はLDK以外はあまり手を加えない予定ですが、最小限の工事で最大限の効果、ということで個室の床仕上を変更することになりました。既存のマンションフローリングを解体したり、その上に板を貼ってしまうと入口ドアなど、周辺の部分も工事する必要が生じるため、Pタイル(プラスチックタイル)を既存床の上に接着張りします。


Pタイルは耐久性が高く、施工が簡単、かつ低価格ということで昔のオフィスビルや病院の床によく使われた材料ですが、最近では色やテクスチャなど、様々な種類のものが出回っています。いろいろ比較できるのは楽しい反面、一つに絞るのが大変です。(写真のサンプルの中にも、コンクリートを再現したものや、鉄板を再現したものなど・・・)


このままどんどんサンプルが増えていって、そのうち一室貼れるんじゃないかという話が。。。。




by yyaainfo | 2015-01-30 20:08 | '14-15着替える家

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所