着任いたしました。

c0206093_16125524.jpg
今期から非常勤講師を務めさせて頂く神戸松蔭女子学院大学の授業が始まりました。科目は「インテリアコーディネート実習」です。バリバリの建築学科ではない学生たちにどうすれば楽しく、分かりやく、インテリアを学んでもらえるのか、試行錯誤しながら、よくあるインテリアの講義と少し違った切り口の実習になればいいなぁと思っています。




# by yyaainfo | 2017-09-25 16:14 | Topics

戸建てリノベ調査

c0206093_02023791.jpg
奈良県橿原市から戸建てリノベのご相談を頂き、現地の下見に行ってきました。築40年ほどのよくある住宅。建て替えるほどではないけど改修するとお金がかかりそう。新築すべきかリノベすべきか、それが問題です。

解体して新築する場合は、既存の間取りの制約を受けずに自由なプランニングが出来ること、最新基準の住宅性能(耐震性・断熱性など)を持たせることができること、などメリットは大きいですが、ゼロからつくる分、工事金額はかさみます。

リノベーションする場合は、柱梁や建具など、味のある素材を生かして新築にはない雰囲気を出せることが最大のメリットです。間取りや建物の形は既存の制約を受けるため、自由ではありません(でも頑張ってプランニングします!)。柱梁の耐震補強は可能ですが、基礎の補強や地盤改良を行うことは非常に困難なため、新築と全く同等に補強できる訳ではありません。地中の設備配管が傷んでいることも多々あります。コスト面では、リノベーションは工事部位を絞ることでコストコントロールを計れるメリットがあるのですが、マンションと違い、外壁やサッシ、屋根、耐震性、断熱性といった様々な工事が必要となる場合がほとんどなので、極端なローコスト化を図れないケースが多いです。

冷静に考えると新築がおすすめなのですが、大きな梁がかかった立派な建物を見ると、3~40年で壊すのは余りにもったいない、何とか生かせないかなあ、とやっぱり思ってしまいますね。




# by yyaainfo | 2017-09-22 10:50 | Diary

ポストを製作しました。

c0206093_23014355.jpg

堺市の住宅。敷地から少し奥まったところに建物が建っているので、建物にポストを仕込むことが出来ません。自立型のポストを設置することになりました。屋外ポストは長年の風雨に耐える耐久性に加えて、投函した郵便物に雨水が浸入しにくい構造が求められるので、できればしっかり防水された既製品が好ましいのですが、いくら探しても良いデザインのものがありません。ええい、それなら、ということで、金物屋さんでハコと足を製作して頂いて、その中に既製品ポストを嵌め込むことにしました。

上図が第一案。ポストは小さいほうがかわいいですが、最近は書籍など大きいサイズの郵便物が多いので、割とガッチリした大きさになります。結構いかつい感じ。


c0206093_23015224.jpg
もう少しかわいくさせた第二案。丸い穴はインターホンです(カメラ+ボタン)。ポストと一緒にハコの中に内蔵します。


c0206093_23013221.jpg
出来上がり。なかなかシンプルに出来上がりました。ブラックなので郵便屋さんが気づくかな、と若干心配しましたが、大丈夫のようです。製作はいつもお世話になっている上手工作所さん。ありがとうございます。

・・・あれれ、向こうでカメラの真似をしているのは誰かな?




# by yyaainfo | 2017-09-18 23:18 | '15-17堺市N邸
c0206093_00241590.jpg
奈良市のリノベ。屋根をくりぬいてトップライトが付きました。今まで薄暗かった室内がサンサンと陽が降り注ぐ明るい部屋に一変。さすが採光面積3倍。劇的な効果です。


c0206093_22060080.jpg
トップライトは手が届かない部分に設置するので、基本的にリモコンで開閉操作します。夏場は暑くなりすぎるので電動ロールスクリーンも付属です。さらに開けた窓は雨が降ってくるとセンサで感知して勝手に閉まる仕組みです。非常に優れものです。




# by yyaainfo | 2017-09-14 00:03 | '16-奈良市K邸

伝統構法調査

c0206093_22063110.jpg
京都六原の長屋リノベ。市役所に補助金を申請するにあたり、「伝統構法でつくられている証拠写真」が必要なため、畳をめくって床下を調べます。

c0206093_22061680.jpg
石の上に柱が建っている写真。まさに伝統構法。ちなみに、ボールと植木鉢と瓦は、町屋の床下に転がっている三大ゴミということが最近分かって来ました。


c0206093_22062348.jpg
屋根裏。竹小舞と土壁。まさに伝統構法。いつもながらすごい埃です。


c0206093_22060808.jpg
屋根瓦。新築時から葺き替えていないのでかなり痛みが目立ちます。今回の工事で一新する予定です。







# by yyaainfo | 2017-09-13 01:26 | '17-京都市K長屋

大阪・奈良を拠点に新築住宅やマンションリノベーション、古民家改修、古ビル再生、店舗の設計を行う一級建築士事務所です。


by 山本嘉寛建蓄設計事務所